ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2009年06月21日

宝物

毎朝 6時30~7時の間に愛猫が起こしてくださいます。
・前足をフミフミ(ニギニギ)させて、爪が少し痛い目覚まし
・魚臭いベロが鼻を刺激し、舌が引っかかり痛い目覚まし
・床から(ベッドの上の)私の体へのジャンプ(かなりの衝撃です)目覚まし
・私の顔の上に腹を乗せ箱座り目覚まし
このいずれかを朝にだけやってくれます。
なぜか目覚ましがなると、必ず。

そして、いずれも一回だけで起きない場合は自分も一緒に寝てしまうという
素晴らしい猫目覚まし!
今朝は顔の上に箱座り目覚ましでした。
しっかり起きてお仕事へ行ってきました。
帰宅したら、にゃんやん~と うさぎ走りして出迎えてくれました。

可愛い。
可愛い過ぎる

ページの先頭へ