ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2009年09月19日

できることなら

医者に行って、なんとなく気持ちが落ち着きました。
諸々は夫との関係に問題ありです。
さっさと離婚しちまえばいい。
子供がいるから我慢しなきゃって思うことが、ヒステリーへとつながっています。
子供はもうどちらか選べる歳でもありますもの。

私の行っている精神科の医師は、「薬を変えてみましょうか」と言ってから
実際に変えるまでが長い。
薬をむやみに増加、変更する医師には抵抗あるのですが(メンタル系は特にそうだと個人的判断の基準です)、こちらの医師はそうそう変えない。
だから服薬しようという気持ちになります。
時にサプリメントを試そうかと言ったり、色々考えてくれているのがわかるから好きです。

「少し子供と離れたらどうかな」

まったくそうしたいです。
でも、子供の世話は夫だけでは無理です。頼る人もおりませんし。
と、考えることなく子供と離れたらいいんでしょうね。
休みだし、離れてみようか。

子育てを放棄する動物園の動物を自分と重ねています。
自分から生まれたからって、必ずしも愛しい気持ちは芽生えません。
男性には死んでもわからん心理。
そして健全な心の女性にも理解してもらえない状況。
今は偉そうなありきたりな説教なんか聞きたくもない。

子供なんか、産むんじゃなかった。
後悔とこれからどうしようかと、答なんかでやしない。

ページの先頭へ