ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2009年10月06日

空っぽの寂しさ、満タンの幸せ

火曜日=特売日です。
今日もロッキーのテーマのBGMを耳にしながら野菜、魚、肉などを仕入れてきました。
戦いでしたが、レジを終えるとこれだけ買ってもこの値段!と大変な満足です。

子供の頃、スカスカな冷蔵庫と父のお給料日までの日数を数え照合して
ものすごく不安を感じていました。
恥ずかしいお話ですが、父はお給料を次のお給料日までもたせることのできない人。
使い道はお酒だったり、ギャンブルだったりで、おかずやお米は二の次で。
学校の給食費や教材費となると三の次で。
私達は父から預かる「今日のお金」で食事するということになっていましたが
給料日五日前などは数百円に激減します。
それを兄妹で合わせて買い物に行っては、インスタントラーメン、納豆、うどんなど安価な物を買いしのぐわけです。
果物やお菓子なんか、買ったことがなかったな~

自分が社会人になったら冷蔵庫は満タンに入れる!
これは私のこだわりです!
(満タンでは冷蔵庫が機能しませんから、実際は8分目ですが)

物価が高かった頃は、満タンにできなかったのですが、最近野菜も安くなり
冷蔵庫満タンの火曜日です。
満タンの冷蔵庫、冷凍庫をみると、「ほ~っ」とじんわり幸せです。
今日の夜には少しづつ空間ができてきます。
この空間が広がってくると、不安になってきます。
幸せは一瞬です。

実際、冷蔵庫がからっぽだって死ぬことはないわけで不安になる必要なんか
今はないのですが、なんでしょうね~
空っぽの寂しさ、満タンの幸せ
最近ものすごく空っぽが寂しいのです

ページの先頭へ