ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2010年03月27日

個人差あり

直木賞の「他ならぬひとへ」を読みましたが、
草食系男子に共感できない私は
男性作家の御都合主義なストーリーというか、
優等生な小説で小説というのはこのようにかきましょうね、
と言われているような感覚になり、また、想定内の事
しか起きない定石通りというか…
もっと下品になってくれていいし、期待を裏切ってくれたらよかったのに。(とは言い過ぎ?)
そもそもそれが草食男子となるととてもリアリティありということか。
もう、おばちゃんの私には、この作品のどこに魅力を感じるのかと不思議な感じです。
(いえ、文章の書き方などはうまいでしょうけれど)
直木賞ってなんでしょう? と感じる今年なのでした。
じゃ、あんた書けるのか? と言われるとかけないので一般ピープルのたわごとです。

話は変わり…
ためどりした「記憶の海」というTBSのドラマを観て泣きました。
大切な記憶でありながら、眠り続ける記憶。
ドラマを観た方は御存じだと思いますが…
一度思い出しても結局また他人に戻るせつなさ、
でも思い出せないだけでそこには記憶はあるわけで…
そんな人を愛してしまったらどうするんだろうと思ったら、
主人公のおねいさんは「あきらめない」と大きなお腹で旅立つわけです。
記憶を持てず大切な人をも忘れてしまう悲しさ、
そんな人を愛する強さと辛さと。
とてもファンタジーというか、壮大なラブストーリーではないかと思うのでした。

感性は個人差がありますから。




ページの先頭へ