ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2010年07月05日

青竹、葉っぱ、武士

母友とランチをしました。

子供からは「青竹、葉っぱ」的な母であると形容され
本日の友人からは「武士」と言われました。

いかに私が男性的印象を持たれているか、よくよくわかりました。

嫌じゃないよ、嫌じゃないけど…
たまには、ふりふりのレースいっぱいなふんわりな感じとか
イチゴショートケーキのような、すぃーとな感じの女性的な形容詞を期待したいです。
ガラス細工のような…とか
くしゃみしたら肋骨の2-3本折れそうに華奢だね…とか。

ありえない…か。

ページの先頭へ

2010年07月05日

言葉ブーメラン

『言わなくてもわかるでしょ?』
親しい人にはそう感じてしまうことが、とても多くあります。

一方では
『言わなきゃわからないよぅ』
ということもあります。

コミュニケーションでは、言葉が重要だと思います。

でも、本当に言葉がすべてかな…

最近は、とても穏やかな言葉を選び、当たり障りのな言葉を発し
適度につかず離れず関係を保つ人が多いような気がします。
それが良いとか、悪いとか、そういうことではなくて
言葉は1つのツール、非言語的なものも含めての表現の1つ?

コミュニケーションが うまくいっている時は言葉なんかいいよってこともあるし、
うまくいっていると感じていても、実は片方の我慢だったりするかもしれなくて…

でも、相手を傷つけてしまうような言葉はやはり発しないほうがいいのでしょうね。
それは結局自分の身を守ることでもあったりするなぁと思うこの頃です。

ページの先頭へ