ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2010年07月16日

視界

人それぞれに、その立ち位置でしか見えない事があります。
経験がないと見えないものも有ります。

出来る限り多くのものを見るのがいいのか、自分の視点だけでいいのか…
たくさんの視点を持ちながら吟味して行くことが良いのでしょうね、きっと。
しかし、時に見える事、見えすぎること、思慮することが邪魔なこともあります。

例えば、対人関係の「自分が推測する他人の視点」は邪魔なことも、しばしば。
これは恋愛になると、さらに疑心暗鬼にまで発展したりして?

世間は広くて狭くて、でも、自分の立ち位置は自分で決めるし自分で見極めるし判断しないといけないし。
世の中を生きるって…

視界は常にスッキリと曇りないレンズでみたいもの。
余計な濁りは不必要。

えぇっと…
恋は、うすいパステルカラーの色つきレンズがいいかもね。

ページの先頭へ