ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2011年03月12日

祈り

昨日の地震、皆さまご無事でしょうか。

私は昨日、横浜で地震を体感しました。
五階からの階段を下りる時、壁にひびが入ってきて怖かった。
はじめて身の毛もよだつという体験をした気がします。
本気で死ぬかと思いました。

そして、子どものことが気になり、いてもたっても居られずでした。
しかし横浜~交通機関ストップです。
仕方ないので馬車道~本郷台まで歩いて帰宅。
しかし、道を歩きながら、道にひびが入るし、古い建物からは水が噴き出ていたり、気分が悪くなる人がいたり…
平和なことしか体験してこなかった私には、災害の恐ろしさをなんて甘い言葉じゃなくて、本当に怖いってこういうことだと思いました。
そしてそんな中で海が近いというのに、「潮があがってる、津波来るぞ」といたずらなのか、キチガイの発言あり、一時パニックでした。
これは、ひどいぞ!

歩きながら、子どもを私独りで育てるよりも、父の方に任せた方がいいのではないかとか、考えてしまいました。

私が九時半に帰宅すると、子どもはぶるぶる怖がっていました。
そりゃあそうです。
停電にもなっていたらしいですから。

横浜都心部を離れると急に空気が変わった気がしました。
幸いにも我が家付近は、あまり影響なく、私のマンションも特に問題なく、物が落ちている様子もなく。
レミーも大の字になって寝ているし、鶏も生きている(ガス漏れなし)。

二次的な被害がどんどん出てくるのかもしれません。
どうか、どうか皆さまご無事で…
もう、祈るしかないです。

ページの先頭へ