ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2011年05月25日

なんだかんだで…

けんかばかりの2人ですが…
やはり仲良し!
チビパンダ、私には添い寝しない。
愚息のいない日に、私が抱っこして寝ようねっていっても、寝ない。
チビパンダからみても、子供からみても、お互いが兄弟なんですよね。

ところで、学区外登校している愚息は帰宅してから学校の友達と遊ぶ機会が減りました。
はじめは大丈夫かなって心配していたのですが…
今月の中頃からのことですが、ピンポーンがなりドアを開ければ
男子が2人、時には幼稚園児が「○○って子、いる?」と誘いに来て下さる。
聞けば、3年生だったり、弟君だったり…
どうやら公園で仲良しになったらしい。
これが、本来の子供の持つ力だと思うんです。
学校違ったっていいじゃんか。
歳が下でもいいじゃんか。
遊びに誘ってくれる子がいる、誘いに来てくれる子がいることが良かったじゃんかって胸をなでおろしています。
贅沢を言えば、これが同じクラスだったらね~
でもね、学区外登校ですからね、なかなか子供の足では遠いからあと少し大きくならないと無理かも。
学校では、友達と遊んでいるっていうし、大丈夫ですよね?
耳をすまして聞いてみる
大丈夫だよって神様の声は遠くだけど聞こえる気がする。

子供は子供と遊び、色々なこと覚えるのさ。
年下の子に名前呼び捨てにされても平気な愚息とか、
「どうしたの?」なんて声掛けが以外と大人びて見えたりして
ちゃんとちゃんと大きくなってるじゃんか。

2人の時は「ママぁ」とべたべたしやがるものの、おチビさん達の前では
「オレの母ちゃん、うっせーんだ」なんていっぱしなことを口走る、
それでこそ、ガキでございますよ。
昭和の子だな、うちの子。

ここに住めるように、がんばって働かなきゃね。
母ちゃんはがんばらないとね。

なんだかんだ、平和な我が家。

ページの先頭へ