ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2011年06月05日

尊厳

親類の1人が癌で入院しておりました。
先日「今日が最後のお別れ。痛みがひどいからお別れの後に薬を入れたらもう昏睡になる予定なの」と連絡がありました。
痛みが酷い、本人も看ている人にも耐えがたいから麻薬処理になるのでしょう。
私も本人や親類なら、同じことを医師と決めてしまうと思う。
けれど、なんだかしっくりといかない話でもあります。
死を自ら、親類が決める…自殺とどう違うんだろう…
そして薬を入れる瞬間とか…それを見守る数日間とか…
医師からは薬を入れたら昏睡となり、数日で他界する予定と話があったそうです。
そのために、海外へ単身赴任されていた息子さんも帰国されたらしいのです。

しかし、この親類ただものではなかった。
薬を入れた翌日に、座って独り言をぶつぶつ言ったり、本を読み始める(もちろん読んでいない)などのアクションを起こし、親類はじめ、医師をも驚かせているそうです。
麻薬による、半覚醒なのだとか?
一見、普通の動作ではあるのですが、意思や言葉のコミュニケーションはとれないので、動作を見守っているそうです。

というわけで、昏睡どころかアクティブです。
お葬式も近いから、と言われていましたがあと数週間先のことになりそうとのことでした。
息子さん、モスクワから帰国がちょっと見当違い。。。
担当医師も「???すいません」

死を決めるのは神だったり、運命(寿命)だったり、もしかすると無意識の自分だったり…
親類のことを考えると、なんとも色々なことを思うのであります。
命って…

ページの先頭へ