ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2011年06月15日

いいんでしょうかね?

金曜日から外仕事が続き、愚息の部屋が散らかり放題です。
畳に散乱したブツを一つ一つ片付けていて、なにげなく目にとまった自由帳。
中身をペラペラみてみたら…
なんでしょうかね? こんな感じで、こんなに自由でOKなんでしょうか?
眩暈ですよ、眩暈。
どうして、こんな風に育っているのでしょうか?
私のせい? 生まれながらのもの?
あぁ、神のみぞ知る…

しかし、このような恐ろしいものを描かれる方でも「ひとりが何より怖い」そうです。
特に地震のあとは。
義理姉の父の葬儀のために、茨城まで行かねばならないのですが
「どうしてもついていきたい!」のだそうです。
放射能でママが死んだら1人で困るから
地震でママが死んだら1人で困るから
ママが帰ってこなかったら1人でご飯が作れなくて困るから
要するに母はあなたのヘルパーですからね。

母はね、母は1人でヘンテコな絵を描く方が恐ろしいよって心の中で思っていましたが、口にはしていません。
なんだろう、なんでこんな絵描く、いや、描けるんだろう…

ページの先頭へ