ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2013年02月24日

とんび

とんびというドラマ、毎回泣いてしまいます。

私の父はあのオヤジをもっと酒乱にした感じでした。
今になって思うこと…
父ちゃんは繊細で弱くて生きるの下手くそで、それでも私ら育てなきゃいけなくて。
大変だったろうな…

渦中にいる時は、何てオヤジだって思って馬鹿にしていたけど
同じ立場になってみたら、父ちゃんのことは死ぬまで超えられないって気持ち。

酷い父ちゃんだったけど、憎めない父ちゃんだったな。
もっと優しくしておけば良かったな

そんな気持ちで毎回トンビを観ています。

佐藤健がキュートだなとか思いながらも観ています。
上がったり下がったり忙しいドラマです。

ページの先頭へ

2013年02月24日

…おんなたちはみんな許すと思う…

そもそも、男子たるもの、重い物を平気で持ち上げるのがカッコいい
黙って風雪に耐え、どんなことをしてでも家族を養うのがカッコいい
守るべきものをしっかり守るのがカッコいい
生涯1人を愛するのがカッコいい

私目がそのような話を愚息に切々としていた矢先の発言でございました。

「おれ、100人の人と結婚する。おんなたちはみんな許すと思う」by大明神

…うむ…

どうしてこうも、愚息なのでしょうか…
そこには男のロマンが詰まっているのでございましょうか?


母の言っている理想の男像の欠片すら感じない
久々の名言でございます。

なんといいましょうか、彼はすでに独特の世界観を持って生存し
ご自身のロマンを追い、冒険を続けていくのでございましょう。

彼が成人するまで心身共に持たない予感一杯の私目の誕生日でございました。


ページの先頭へ