ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2013年08月10日

切なくも・・・欠陥品

BSにて北の国からスペシャル「秘密」を録画。
1995のもの。
この子らと同世代の私、リアルタイムで観ていた時は共感を持って観ておりました。

父子家庭、兄と妹、貧乏…まるで私の家かい? と思うような設定に毎回笑い、泣き観たもんです。
何度となく観たけれども、自分が親になって観てみると…
五郎も純も野郎としちゃダメだな、まるでダメ、でも人間として素敵じゃないか。

じゃ、自分の父親も兄も素敵かってぇと、こんなに素敵じゃないな。
もっと無骨で駄目な野郎どもで…
いや、兄なんかはまともな仕事はしているよ、しているけれども
人としてはとても欠陥品だ。
そんな2人に育てられた私も、もちろん欠陥品。

このドラマを観ていた頃に付き合っていた彼は、
いまどうしているかとも思ったりして、その人と結婚していたら
今よりも幸せだったのかもとか、もっと子供の事うまく好きになれたり大事だと思えたりしたのかなとか…

子供の頃に大事育てられていないと、人間は欠陥品になってしまうんだよ
だから、ちゃんと子育てしないと。
ばれなきゃふりでもいいから、愛情注いでやらないといかんと思ったりして。

ふと、自分は何してんだか…
な凹みに突入して、自分の欠陥品ぶりを思い知るのでした。
だめじゃんか、自分。




ページの先頭へ