ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2017年02月10日

大明神殿、お受験でございます・・・その2


受験終わり笑顔でご帰還めされました。
「高校の先生優しかったし…」
って、嫌な予感しかしないのでございます。
なにしたわけ?
「問題用紙と解答用紙に名前を書くんだけど、問題用紙に名前書き忘れて先生に言ったら、大丈夫気にしないでって言ってくれた」
満面の笑み (*‘∀‘)
にっこりじゃないよ!

往復平手打ち、お見舞いいたしました。
やり直しの聞く時間なぞないという話をこれまで何度してきたか…
馬鹿過ぎる、クズ過ぎる・・・
途方もないクズ過ぎる。
こういうやつが「ほんの軽い気持ちでした」などといい
薬物に手を染めたり、犯罪に加担したりするのです。
そんなことは未然に防がないといけません。
大明神殿は、でーんと知的に悠然とお構え遊ばせ、ゆめゆめ悪の道など言語道断でございます。

私の気持ちは踵落とし追加でもよかった、いえ、それでも物足りない勢いでございます。
暴力が悪いのはわかっております。
ですが、大明神殿
つめが甘い、ぶったるんでる!
言っても懲りない、手の施しようがない、もう、イラついて仕方ない!
そんな感情が私めの心に巣くっておりまする。

子どもなんか産まなきゃよかった
一生この子に苦しめられる予感しかない
どうしたら、この人まともになるんだろう
なんでわからないんだろう
イライラとか、これはなんとかしなきゃとか焦るばっかりで…
せめてこういう大事な時だけはなんとかしめられないのかな…
そんなものがごった煮状態でして、私めはもう、だんだん悲しくなって泣けてくるのでございます。

ああ・・・
明日は面談でございます。
どうか、どうか何も起こりませんように、私めは祈るばかりでございますが
面談は学科試験よりも、心配がございます。
ああ・・・
大丈夫でございましょうか・・・

大明神殿、うまく切り抜けてくださいませ
ほんの、ほんの数分ですゆえ…

二礼二拍 一礼

ページの先頭へ

2017年02月10日

大明神殿、お受験でございます。

ちび雄、3歳からこちらのブログにもにぎわいをみせておりますが
アホなちび雄も本日高校受験でございます。

昨夜、私目とともに、受験票、上履き、筆箱、生徒手帳、Suica
念入りに確認し、バッグに詰める。
明日は6時半起床ねと、準備万端で就寝でございます。
無事に起床、ご飯オッケー
順調でございます。

ささ、ご出陣召されませと促しますと
「!!」
ん?
「制服がない! 学校だっ!」
えええええええええええええええええ 悲劇! 
誰が、制服がないなんてこと、想像しましょうや!?

とりあえず、中学に走って、車ですぐ追いかける、正門前っ!!
怒鳴るわたくしめ、脱兎のごとく家を飛び出す大明神。
わたくしめもノーブラのまま、パジャマの上にジーンズ、コート着用にて駐車場までダッシュ!
酷くキツイ上り坂、日ごろの徒歩で10分を3分の大記録ダッシュです。
ノーブラの胸がちぎれそうに痛いです。
久しぶりのダッシュ走りに心臓が軽く軋み、く、苦しいです。
しかし、この大事な日に、わたくしめの失態で遅刻をさせるわけには参りません。
はあはあしながら、中学に着きますと、晴れやかににこやかに優雅にお手をおふりの大明神殿。

ぶっちゃけ、ムカッときました。
おさえろ、今、この時はここは抑えろ、大事な受験日であるぞ、と言い聞かせます。
車内に乗りこみ、お着換えめされますと、駅に到着です。
「バスよりちょっと早くつけた」
満面の笑みでございます。
ブレーキを踏む足に力が入る私。
いかん、こらえろ、こらえるのだ。
「じゃ、これよろしく」
あとには、セミの抜け殻よろしくジャージ脱ぎ捨てにて・・・
車を降り、爽やかに晴れやかに闊歩し人ごみに紛れて行かれました。

わたくしめのこの怒り、おかしなことでございましょうか。
本日人生かけた受験日でございますよ!
誰が制服がないなんて初歩的なミスを起こりうると想定できましょうか?
いつだって、このおかたは他人を嵐に巻きこみ、一人爽やかにお過ごし召される。
さすが大明神殿でございます。
二礼二拍 一礼っ!!

もちろん、帰宅後ぶん殴ります。

ページの先頭へ