ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2018年02月01日

ああ、大明神殿!

ちび雄、退学か!?
わるわる三人組で、違うクラスのおとなしい子をくすぐっていた、やめてと言っているのに、くすぐって反応を楽しんでいた →いじめです
ということに発展し、いじめは退学という校則に該当か?
ということで担任から連絡がありました。
そして、本日朝の8時に御呼び出し。
早朝なんざ、私のメニエルは絶好調です、ぐらぐらですよ!
駅からタクシー使って学校到着。
担任だけかと思いきや、校長まで鎮座召され・・・
「今回の事は、いじめまでいかず『いやがらせ』該当。校長厳重注意とします」
ということで、大岡さばき終わる。
正直、この数日、めまいと耳鳴りの中でちび雄と話をしたことは
『相手の嫌がる行為を継続していた事は悪い、自分と人の嫌がる基準は違う、自分で蒔いた種はしっかりと刈り取る』
という事で退学もやむなし、という結論となっていたのです。
そもそも、ちび雄には合っていない窮屈な学校だと日に日に思いは強くなっていて、彼の豆の木はまっすぐに天上へといかず蛇行してしまうのではないかと、そこがとても心配になってもいました。
でも、中退とか途中でやめるってなんかいやだわとも思う。
いや、今なら来年一年からどっか違う学校に入り直せば?
さまざまな思いは葛藤したが。。。
が、結果継続。
・・・・良かった・・・・の、ですよね?
うーん、正直わからないです。
校長が大岡裁きを終え「じゃ、私はこれで」と自室に戻られる。
が、数分後戻ってこられて「これ、今日の新聞。この間の地区大会の結果ね、あげる」と、ちび雄に部活の地区大会の新聞のコピーを渡す。
【2位 ちび雄】に黄色いマーカー有。
これをちび雄はどう受け止めたのか?
これ、ちび雄へのエールですよね?
私は、校長が好きになった。

ちび雄が帰宅してから、この校長先生の行動をどう思ったか聞いてみますとですね
「空気読めないおじさん」
おいっ! "(-""-)"
あんたの方が空気読めてないから!
てか、さすが大明神殿とでもいうべき事象なのでございましょうね。

トホホ (T_T)
相変わらず、マイペースといいますか、独自路線つっぱしっておりますよ、大明神殿。

ページの先頭へ