ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2017年04月22日

イラッとすること。


教員、公務員、官僚などなど・・・
すべての方々に通じるとは申しませんが、ご自身が中心に地球が回っていると勘違いしているのでは?
と思う瞬間が多々あります。
想像しますに、人に指導をする教示する、というお立場だったりしますと、素直に皆さんいう事を聞いてくださるでしょうから、そういう事が体にしみついているのでしょう。
しかし、例えば学校や施設から一歩出ました際には
誰とも何の変わりもないただの人間でございますよね。
しかし、そこでも「先生」のまま抜けきらない方が確かにいらっしゃる。
それは甚だ見苦しいです。
とても見苦しいし、何だろうあの方は? と違和感を持ちますし常識というルールに沿ってみますと? でございます。
しかし気が付かないのですよね、「先生」だから。
私は小学生の時分から「先生」というお仕事が大嫌いです。
絶対にならないお仕事として「先生」と思っていました。
士業は先生ではありません。
ですが、同業者の中にも「先生」と呼ばれて嬉しそうにする輩がいます。
アホかと思います。

「でも、この仕事をはじめたばかりなので」なんて、
言葉にもアホの一言をお見舞いしたいです。
クライエントからすれば、経験ゼロだろうと、経験30年だろうとクライエントの前に立てば何がしかの仕事師なのですよ。
それでお金もらってんだから。
朝からイラッとする事があり、このような事を書いております。

先生業務(と一緒にするにはちょっと違うかもしれませんが)
士業は生涯研究員だったり、学習し続ける人間であるべきではないでしょうか。
ちっともえらくなんかないと思うよ
むしろ、それでお金頂いているんですから、「先生」って木にのぼって見下ろしている場合じゃないっすよ。
あほか、ほんまに。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ