ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2008年02月23日

誕生日

なんだけど、めでたいことなど何一つ無し。

夫、子供からブーケを頂いた。
ありがとうと喜んでみせたが、私が花嫌いなのを夫は知っているはずだ。
再三、言ってある。

花は道端に咲いているのがいい。
青空や雨空の中に花開いているのが、一番いい。
折れた枝を家に持ち帰り活けるのは、良い。
でも、切花、生け花、大嫌い!
子供の頃から変わらない気持ち。
女性には花、なんてマニュアルは捨てて欲しいものです。

夫の母が生け花の師範ですが、そのせいもあって結婚後はとくに、
まったく切花に魅力を感じなくなりました。
なぜ、花の枝葉を削ぎ、人の思うままに形を変える必要があるのか。
そこには人間のおごりしか感じない。
花は人のために咲いているわけじゃないし。

花は綺麗です。
でも、土に根ざしてこその花では?

花を贈る、綺麗だけれど、私に切花は要らない。
鉢植えならともかく、切花は要らないです。

一体夫は、私の何をみてきたのか…
結局何もみてないんですよね。
花の写真集でも頂いた方がよほど嬉しいです。
(仏像や寺の写真集なら最高ですが)

夫たる他人。
夫たる異星人。

やはり、寂しさを噛み締める私なのでした。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ