ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2017年10月29日

認知症

今、私はとても恐れています。

例えば、お料理の下準備をしていたりして、ピンポンがなったり、電話がなったりして、相手をして戻ると、それまで実施していた料理の下処理ではなく、違う事をしてしまって、例えば掃除機をかけ始めたりしてしまいます。
そして掃除機をかけていて、まな板に切りかけの野菜があるのをみて、はっとするのです、あ、これやりかけていたのだったと。

そして、たとえばよく駅近くの商店街へ行くのですが、今日は違うと思いながらも車に乗りますと、曲がり忘れて駅に来てしまっていたり・・・

当然のごとく、買い物にいきましてね、本来の目的のものを忘れて違うものを買って帰るなんてのもザラにあるわけです。

あと、ふと、あれ? 何するんだっけ? と体が動いてから思う事もあったり
道を歩いていて、あれ、ここどこだって? あれ、どこ行くんだっけ?
みたいなこともあって
これは、非常に恐怖なんですよ。すごくね。

そして、今日はお米を3合炊こうかと思いながらも2合といで、水加減は3合という事をしでかしたのか、炊きあがったお米がお粥のような感じとなり。。

愚息に、おにぎりをたべたか確認すると、「食べてない」、じゃまだあるわけ?
「何が?」おにぎり、「いや、朝に食べた」と。
? おにぎり食べたって最初に聞いたよね?
「いや、お昼食べたっていったでしょ、聞き間違えるわけがない」
って。。

私、やばいんじゃないのか?
まずいんじゃないのか?
認知症、怖い。
若年性認知症、怖いわ。
こういうの、脳神経内科?
怖いわあ

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ