ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2019年05月14日

かみあわず

学生時代の友人の一人に、私が死んだら、ちび雄頼むとお願いしています。
ちび雄もそれは理解しているので、友人に頭があがらない。
まだ、受験対策していないんだとLINEではなしたら、猛烈に焦ったらしく、速攻 ちび雄に電話かけてくれて
『英語なんかひと月あれば、間に合うからやんな!』
と、激を飛ばされ、ちび雄電話切った後に部屋で大暴れ~
あああぁ・・・しょーもないガキ (´・ω・`)
知らんぷりしてた、私。
朝起きたら 寝ぐせいっぱいの頭で目なんかあいてないわって感じのままに朝食ついばんで
「ちゃんとやるよぅ、オレひとりは やだからよろしくって」
はぁ・・・( ゚Д゚)・・・
この人は、どんだけ少年なんすか? 
はやく成長しろよ! と心で思ったものの
あぁ、〇なら、大丈夫わかっていると思う、きっと体育会のあんたの気持ちは理解するから、私より。
「オレ 抹茶がなんでも好きだってのも言っといて」
はぁ・・・好みを理解しておけと?
「。。。うん」
さっさと学校行け、もっと他に考えることあんだろが!
と、まぁ、いつもかみ合わない、私の思慮の範疇なんかじゃ理解しきれない、おそろしい ちび雄の世界。
はぁ・・・
・・・か・・・み・・・あ・・・わ・・・な・・・い・・・

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ