ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2019年08月08日

新しい?

昨日のお漬物ですが、良い感じに水が上がっていたので、洗って水けを抜いて梅酢投入いたしました。
柴漬けっぽい!
あとは、冷蔵庫保管で。
出来上がりが楽しみです。

さて、昨日は二世政治家さんとタレントさんがご結婚というニュースが目をひきました。
いやいや、おめでとうございます。
でもね、すももちゃんは思うんです。
これ、ジョロウグモが待ち構えていた蜘蛛の巣にひっかかったなって。
画面で観ていても、お似合い感がまったくない。(と、あくまでも私の意見ね、感想ね)
この政治家先生は、真面目に一心に政治と向き合ってきたご様子。
一方、タレントさんはニュースキャスターがメインのようではありますが、バラエティだってやりますよね。
政治家さんと並んだ時に、この方の方が前に立っちゃうって。
二人で並んだ衣装が白だったり、赤だったり。。。
白も全身だと案外と目立つ、赤はこの方を引き立たせる色だなって思いました。
つまりは、目立っちゃうんですよ、美人さんだから、容姿端麗だから。

どんなに時代が変わっても、政治家というお仕事がどれだけ神経をすり減らすかってのは変わらないと思うんですね。
となりますとね、家の中ではぐでっと気を抜きたいはず。
この美人さんの前で気を抜く事が出来ると言っていたが、まだまだ何もかもってわけにはいってないと思うから、今後すべてをさらけ出した時に、ジェントルマンでもない人をこの美人さんが許容できるのか?
この美人さんが、長く独身でいた意味は??
なんて考えますとね、このお二人は、それぞれが自分を支える人を選ぶことがふさわしくて
どっちかが相手を支えるなんて、到底無理という感じがぷんぷんする。

ふたりで並んだ感じも・・・あわない。
政治家さんの一本気に仕事に打ち込んできたであろう魂の美しさ
美人さんの、まさしく容姿端麗、凛とした美しさ
それぞれが独立して美しい。
二人がいることでどちらかをひきたてるって美しさじゃなく、あくまでも個々単体が美しい。

政治家先生のお父様が「一回はしてみるといい」と言い放ったというのが、よくわかります。
いずれは、この美人さんも政治進出なのかな。
でもって、美人さんにとっては、お子様もできて、政治進出の足掛かりにもなる良い結婚だったろうね。
こんなに美人さんが、早く結婚しなかったのって、相手に妥協しなかったってことだったかもしれないし、何か先を見据えてかもしれないし。。。

おっと、いけない、いけない。
他人様の幸せをこんな風に言っては、いけないですよ。

あぁ・・・
でもね、私も結婚の報告を兄にしたときに言われたんですよね。
「一回位は嫁に行っとくのもいい。離婚する前に子供一人くらい産んでみたら」って。
離婚してから、こうなるってわかってたでしょって兄に確認したら
「だって、タイプがぜんぜん違ってたし、並んだ感じがちぐはぐだったし」ですって。
親っていうか、身内のいうことは当たってんのよ。
政治家さんのお父様の意見がまっとう。(笑い話にしているけど、親は真面目に言っていたと思うよ)
あ、だから、ダメだってば、私ってば。

とりあえず、今はおめでとうございます。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ