ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2019年10月11日

品性

言葉の選び方ひとつで、その人の品格がわかるような気がします。

みなりがそうでもないのに、はっする言葉がとても丸かったり、上品だったりすると
すごく安心といいましょうか、位が高いような。。。
素敵だなと思います。

『悪気はなかった』
という言葉、この言葉の裏には、気を抜いていたら本音が出ただけだと思うので
悪気はなかったが、本音です、と捉えた方がいいんだろうねって最近になって思います。
悪気はない分、罪深いといいましょうか、まさに無邪気=本音。
鋭利な刃物より威力があるように思います。

人を観察することはとても面白い。
私はとても人の目の表情を見ています。
だから、こわくて人の目が見られない。
がっかりされちゃうんじゃないか? と思うと目を見ることはできません。
こういうの、人見知りといいますか?

誰に対しても公平に接することができる人って素晴らしいなと思います。
私はそういう人になりたいなと思います。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ