ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2008年06月07日

兼業ママ

働くママさんとお話していたら「兼業母」だから、時間が欲しいとお話くださいました。
なるほど、兼業ですね〜
大体、働いている母と言うのは似たような気持ちでいると今日の話で感じました。
言いたいけれども言えないモゴモゴ伝わりました。
「子供のことを全部知っていたい」というのは専業主婦の方に多いようだという見解。
兼業の場合、自力でなんとかなってくださいと思うようです。
多種多様の母同士のつきあい、うかつなことは口にだせません。
モゴモゴと口ごもり「色々な方がいるからね〜」と結ぶ。

ものすごく育児が嫌いと私が愚痴ったら、
「そんな風に全々見えなかった。公園でよく遊んでいたよね〜」
そうだ、そうです。
無理無理、嫌でも公園デビューし、公園ジプシーし、子供を遊びに連れて行ったよな〜
それから思えば今は楽か??
でもってよく頑張ってきたともいえるのか?
逆に無理しすぎて今疲労感に押しつぶされそうなのか?

わからないけど、やっぱり希望の持てない毎日だ。

健全な頃、自分の考えが一番正しいと思って、自分の物差しや価値観やそんなものを他人に平気で押し付けていたけど、若さゆえの愚的行為でした。
どんなにこちらからみて、ちっぽけだと思える悩みでも当事者にとってはとても重圧を感じていることもあるな〜
この母としての悩みなんて、きっと男性からみれば??なんだろうし、難なく母を全うした方からみれば、そのくらい何よ? ってなことなんだろう。
でも、経験のないことはやはり脅威だし、何がどのくらい苦痛かなんて、他人にはわからん悩みなわけですね。
人と協調していける人間ならいいけれども、それが苦痛な人もいるし。

色々な人の色々な悩みは、本当に色々なんですね。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ