ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2006年11月17日

狂犬病発症!?

昨夜、狂犬病発症のニュースを聞いた。
この時代に狂犬病!? と驚いたが、東南アジアの犬に噛まれたのが原因とか。
気の毒でなりません。

日本では、まずありえないと思っていたのでショックだ。というのも、愚息は犬猫好きでスーパーなどに結ばれている犬を見れば即効近寄って抱っこしてしまう。何度注意してもだ。
人懐こい野良猫を見れば、ねころがって猫と同じ目線で同じポーズをとって挨拶しているアホな四歳児。
注意は必要と実感。
もっともこの近隣で野犬を見ることはないけれど。

最近の仕事での出来事。
HbA1c8 という明らかにDM患者であろうと判断できる方が「私は糖尿ではない!」と自信満々に言い、絶句した。よくよく話を聞けば、町医者に十年以上かかっていて、DMの薬も飲んでいるとおっしゃる。
医師から何か指示をうけていますか? と聞けば
「先生は何も言ってませんし、自分でも痛くも痒くもなんともありませんから」と、またまたおっしゃる。
町医者だと常駐栄養士がいないから仕方ないけど、この方絶対DMだし、摂取カロリー考えて食事したり、運動を取り入れないといかんでしょ。
栄養士不在なら、医師がそこまで介入して欲しいと思います。
とはいえ、カウンセリングなので、医師と連携はない。だから、医師の指示をくつがえすわけにはいかない。ここに生じるイライラをどこにぶつければいいものやら。
この方の支援を今後続ける難しさを感じてしまいます。しかし、できることをみつけないと。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ