ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2009年09月15日

特売日

毎週火曜日、車で20分のところにあるスーパーの特売に買い出しに行きます。
安いだけでなくキチンと良いものだから、頑張って行きます。
この数週間、毎週必死にブツをカゴに入れていたので気がつきませんでしたが
BGMにかかっている曲はロッキーのテーマでした。
そうか、そうですよ。
一個98円の大きくて甘くみずみずしい梨をカゴに入れるのは、確かに戦いです。10-12時までの時間限定であっという間に売り切れます。
私の目当てはこの梨だったので、梨を仕入れたあとはゆったり買い物を楽しみました。
ロッキーのテーマを聞きながら。

そうですよね。
生きるって戦いですよ。

帰宅時に悲しくなって、空しくなってしまいました。
この沢山の野菜やら肉、魚が子供や私の胃に納まり、そしてまた繰り返すわけです。
こんなのいつまで続けなきゃいけないんでしょう。
食べなきゃ食べなくてもいいし、料理作ることが憂鬱です。
まずいのウマいの大騒ぎされ…
あと何万回、こんなことすればいいのかなと虚しさの中にいます。
戦いのあとの虚しさ。

でも、今日も夕飯戦は待っているから奮起。
仕事はかどらず、ますます空しくなる秋曇り。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ