ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2009年10月04日

子供というのは。。。

私は子供を愛していない。
これは相手も察知しているはずなのに、だからこそなのかこちらがイライラとすることばかりしでかしてくれます。
抑えようとするけれど、イライラはイライラにしかならないというか、
イライラが膨大に膨れます。

実の子供を好きじゃない、愛せない親、しかも母親ってのは問題。
鬱夫が「母親の癖におかしいんじゃにゃーと? 」と言います。
(おかしいけれど、あんたの熊本弁もいつも人を小馬鹿にしているようで相当おかしいというか、苛立たせてくれるわ、と思ったり)
これは、本当にそうなんだけど、本当にそうでしょうか?
母親だから産んだから子供を好きで愛するというのは、
本当に当たり前の当然のことなんでしょうか?

どうすれば子供を好きになれて、何でも許せる愛情を持つことができるんでしょうか。
世の中の母ちゃんというのは、すごいな~と尊敬いたします。

私を捨てて好き勝手生きている実母だけは軽蔑に値し、
同じようなこと(まだ捨ててないけど)をしている私もまた酷いと思います。
で、結局 誰かにきちんと育てられていない=経験値がたりないために
対処の仕方を知らないから、子育てすべてが自分のキャパを超える出来事で
それで私はイライラと落ち込みを繰り返すんだと考えてみるも、この生活を
あと十数年もやりきる自信がどこからもわいてこない。

そもそも人を愛するって…?

嫌悪だらけの鬱夫にだんだんと似てくる子供、その子供のすることなど
すべてがおぞましいというか、嫌悪の対象と言うか、大嫌い。

さっさと家を出ようと思いながら、ここに居るのは母親と同じになりたくないから。
でもそれってそんな理由って違う。
子供にとっても一時傷ついたとしても、こんな母などいない方がいいような気がする。

夫、子供の滞在時間が長い週末は私の気持ちに平穏はない。

Comment

葛根湯

すももさま、こんにちは。

以前読んだ本に書いてあったのですが、
上手く説明できないので・・・URLで失礼します。

URL ]

参考になれば良いんですが・・と言いつつ
脳科学で人の心を考えるのが苦手な私です。

2009.10.05 7:00:11

すもも

葛根湯さま

コメントありがとうございます。

もともと女性ホルモンが少ないので(要治療ではありませんが)
ホルモンの成果もしれません。

で、子供ですが、抱きしめたくないです。
いえ、そもそも人とのスキンシップが大の苦手。
友達と連れ立って歩いていて、急に腕を触られて悲鳴をあげるくらい
触られることが嫌い。

急に来られて許せるのは、猫の頭突き&体スリスリのみ。
猫なら抱っこしたい(しかしうちの仔は抱っこ苦手)かもしれません。

人が苦手です。

2009.10.05 10:45:45

すもも

↑(誤)成果も→せいかも
PCって、こういう間違い多くなります。
すいません

2009.10.05 10:46:46

ページの先頭へ