ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2009年10月30日

しょっぱい光景

某ラーメン店にて…

『あっちぃ!あつい、あついよ!!』
と大きな声が響きました。
私と子供はまだ順番を待っている時でありましたので、なんだ??
と店外から店内をのぞきますと、みるからにそのような系統の方がラーメンを
運んできた方に対して「あつい」と連呼し、「今日の責任者よべや~」と。
こうなると、店内に重たーい空気なんでありますよ。
で、子供に「また、次にして帰ろうか」と帰ろうとしたら私達の順番になってしまい、店内へすごすごと。
美味しい以外に言ってはいけないよ、とこっそり耳打ちして私達は黙々とラーメンを食べた。
カウンター席に座った私達にはお店の方の気まずいムードが伝わってきて、なんだかな~な感じなんでした。
しかし、子供であります。
ラーメンを口に入れた途端に「美味しい、美味しいよここのらーめん!」
それはもちろん作っていたお店の人達にも聞こえ、お店の方はほっとしたのか
子供に「ありがとう」
よしよし。

世の中色々なことがありますね。
実際にこういう場面に遭遇するとは思いませんでした。
重たーい空気が一瞬だけ軽くなったけれど、そうそうに立ち去った私達ですが
そのあと、あの方々はどうされたんだろうと気になっています。

とても美味しいラーメンでした。
また食べたいですが、重たーい空気は懲り懲りです。
「また行きたい」は、味以外にも色々な要素が必要ですね。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ