ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2010年04月23日

ぼやき

越後製菓の「きなこもち」というお菓子がおいひぃ~です。
ふんわりあられに甘い黄粉をまぶしてあります、
サクッ、とろんと黄粉餅みたいになります。
はまっています! (しかし、メタボに注意ですな)

子供への接し方を改めようと思いましたが、まったく子供というのは
どれだけの世話かけてくれんねん!? という連続です。
厄介なことばかり。
1年の時にトラブルを起こしたお子さんと今年は同じクラスになり、
頼むから接触しないでくれよって思う母の心をふみにじる。
そして遊びに行っている今日ですよ。
今日は止められなかったけど、やはり遊びに行っているこの時間は
何かやらかしていないかと心臓バクバクなわけで…
もう、人さまのお宅へ遊びに行かせないようにしようかな。
ただでさえ、公園で遊べないこの地域は家の行き来が多くて
うるさい方(違った、お子さんを大事にしている方)からは、お宅のお子さんは
どうだとかなんとか…
厄介なんですよね。
昔は人のお家なんぞめったに遊びに行かなかったでしょ?
小学校の頃って? (中学生以上になって初めてお邪魔した記憶ありです)
気を使うというか、患いながら育児していくのって今なのかな?
この辺の特徴なんでしょうか。
あーーーーーめんどくせーーーーーーっ!
勝手に遊べって。

と、イライラするんですが、でもでもよくよく考えると、母親が居なかった
我が家が特別で、本当はそういう母親がどこのお宅にもいて目を光らせて
今も昔も社会ができていたし、子供が育っていたのかも、とも思います。

うちの子は野生児です。
お家に呼んでくれないなら、それはそれでオッケー。
親子で無視してくれて結構! と思っているけど、いざとなるとそうもいかない。
育児がこんな厄介で面倒なことなんて…
あぁ~
出るのはため息ばっかりです。
改心を改心して、やはり子供なんぞ可愛く思えねぇ!

でもって、こういうストレスってやはり食べて解消ってことになるんですよ。
メタボ対象者には、ストレス発散の下手な人も多くいるんじゃないかって
気がしている今日です。
ストレス発散には栄養指導より、ストレスコーピングですよね。
加えて病院の栄養士が一番偉いわけじゃない。
病院アルバイトしてから、ちょいと病院栄養士に対して嫌悪感というか
アレルギー入っているかも。
なんだか、ちょっと胸糞悪いのが想起されてイライラしてきた。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ