ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2010年05月29日

宇宙戦艦ヤマトにみる美学

近所のレンタルショップでアニメ100円フェアをしていたため
子供と5本かりました。(500円の浪費です、いけませんね。)

で、子供はワンピースを借り、私は宇宙戦艦ヤマトを借りました。
ガンダムも借りました。

宇宙戦艦ヤマトと言えばアラフォー世代は誰しもご存知なはずでは?
子供と観ていたら子供にはちょっと難しいのかったみたい。
当時は、手の込んだアニメだし宇宙テーマで壮大な感じがしていましたが
今観てみると、なんだがやはりレトロな感じです。
ですが、誰かのために戦うこと→愛とのいうのをしっかり刻みこんでいます。
沖田艦長は船員を、古代はゆきを、そしてみんな地球を愛しています。
最後にヤマトがカッコよく海に沈没していくとこ、ぐぐっときてしまいました。
ヤマトと共に沈む沖田艦長にも。
最後の説明みたいな感じの部分はくどいんだけど、まぁ良かったです。

今の子たちには理解できない美学だよね、きっと。
でも本当は忘れちゃいけない美学な気がする…
やはりどうしたってみんな死に向かって生きていて、色々とありますが
それでも生き様の中にはその人なりの美学があったほうが…
と、たかがアニメで思うのでした。

今度は木村拓哉が実写版やるそうですが、なぜ今更ヤマト?という
謎が解けました。
今だから、ヤマトなんですね(別に木村拓哉のファンじゃないですが)

で、子供のワンピースを観ていたら、ここにも軽いけれど
少年の美学が散りばめられていました、友情と冒険とガラクタみたいにごちゃ混ぜに…

そーいや、キャプテンハ―ロックのDVDってないのかな
大好きでしたハ―ロック!

Comment

ササ金魚

沖田艦長の『地球か・・。何もかも皆、懐かしい。』のシーンは感動ですね♪

しかし、個人的にはジャニーズで実写なんてやって欲しくありません。
ここ最近、古い作品のジャニ実写が多いけど、どんどん夢が壊されていく。。


そういえば、ワンピースは情熱と感動と革命が分かりやすく表現されていて大人気ですね。
最近はなぜか20代の女性と話すときにも割とワンピースの話が多くて、
(なぜ、・・! 少年・・ジャンプを・・・?)と不思議ですが
借りて読んでみたら結構面白かった。


ただ、できれば香取慎吾さんとかでの実写だけは避けて欲しいところです。
最近のマンガに対して思い入れはないですが、個人的な感情で
とにかくジャニ実写が嫌なんです。


ハーロックは良いですね。
ぼくはクイーンエメラルダスにドキドキでした☆

2010.06.02 18:38:03

すもも

エメラルダス、カッコイイです。
いよいよ困った~と言う時にすっとエメラルダスの船が来たりして。
(はじめの頃は絶対メーテルだと思っていましたが)

亀有のりょうさんは、かなり無理でした(涙)

2010.06.03 1:24:54

ページの先頭へ