ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2010年06月25日

それは恋の始まりというのでは?

愚息が、特定の女の子を苛めると先生からお電話頂きました。
なぜにそのようなことをするのか質問してみたところ…

「こうね、こう、気持ちが、ぐらぐらしちゃって、追いかけたくなっちゃうの」by大明神

気持ちがグラグラですか、それはどのような時にグラグラするのですか?

「えっと、他の子と遊んでいるときとか、話しかけても無視されたときとか」

で、その子は可愛いのですか?

「顔は好みじゃないけど、勉強できるし優しい。多分、学校で一番勉強できると思うし、一番に優しいと思う」

仲良くしたいんだ?

「うん。できればオレだけと仲良くしてほしいと思う」

私が察するに、それは恋の始まりというものでなかろうかと。
しかし、それは恋というのだよと定義づけてやるのも無粋な気がするので…

頭のいい子は大人が好きだから、その子が話をしてきたらじっくりと聞いて、その通りだよって言ってみたらどう?
苛めるのは子供っぽいから。
と、アドバイス。

「そうなんだね。とりあえず嫌いっては言われたくないから、もう苛めないよ」

頭が良くて優しい子が息子の好みなのか~
小学校三年だから、恋の始まりがあっても普通だな
で、好きな子を苛めてしまうってのも、ありがちなお子様男子心理じゃないかと思ったりして…

まだまだ、この子にはたくさんの夢も希望も恋も愛も待っている。
自分がたどってきた道を、男子という目線でなぞっていくのも、面白い。


Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ