ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2011年04月10日

色々なことがありますね

私は二歳半で母親に捨てられました。
しかし、この母親は私が12歳の頃にひょっこり現れて、月に一回くらい会うようになって、20歳位になると今度は年に何回かの電話になって…
遠い親類のような薄いつながりです。

この母親が、最近やたらと電話してくるんです。
歳とったってのもあるだろうし、地震で1人が怖くなったというのもあるだろうし…

で、そんな母親から「子供だけは手放さないでおきなさい」ってまともなこと言われるとものすごい腹立たしいんですけれど…
反面教師のつもり??

捨てられた私がそんなの一番よくわかっていますよ。
いちいち言われたくないし、この人とは何の共感もできないなあと。

誰かに話せば、「それでも親なんだから」とか「許してあげたら」とか言われるんですよね
それが出来たらね…
楽ですよ。

言うのは簡単なんだなぁ

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ