ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2011年05月27日

チョイメタ

レミー殿の健診&予防接種へ行って参りました。
体重4.7kg、お腹まわりたぷたぷ、真正面から見て顔から腹がぽっこりと。
獣医曰く「ちょいメタボ傾向ですね。4.3~4.5ぐらいが、この子にはちょうどいいですよ」
だそうです。
しかし、本人やる気なんかどこにもなくて、今日も腹出して寝ています。
敵がいないというのは、動物から本能を削ぎ落すのです。
唯一のストレッサーと言えば愚息だけど、愚息ともなんだかんだ認め合っているようですしね。

ごはん食べる時ぐらいしか動く姿みない。
あとは、夜中に子供に飛びかかっているくらいしか、みない。
飼い猫ってそういうものなんでしょうね。
極端に運動量少ないです。
かといって何をしたって彼は寝ている…
肉球触ろうと、ブラッシングしようと寝ている、たまに寝ごとや寝屁しながら寝てる。
生活改善なんて、彼の頭にはない。
でも、人間だってそう、同じ。
習慣がメタボをつくるけど、改善する気なんかどこにもない。
私らがやっきになっても、動かない人は動かない。
そういうものか。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ