ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2011年06月07日

手間かかってりゃいいってもんじゃ・・・

夕飯の際に、ご飯のスイッチをタイマーセットして出かけたはずが12時間間違えました(泣)
仕方ないので、チャーメンというのでしょうか、揚げ麺に餡かけて食べるやつを仕方なく夕飯に。
ところがですね…
「お母様、これは、夕飯と言うより夕おやつですよね」
と言われムムム!
文句あるなら食べなくてよろし。
気まずい空気を吹き飛ばすようになった炊飯器の炊きあがりメロディ♪
よろしかったら、ご飯もどうぞとお勧めするも
「白米だけ? おかずは?」
生意気な口をたたくようになったものです。
昔は塩むすびでキャッキャと喜んでいましたのに。
梅干しの小さめのおにぎりを作り、テーブルに置いたら完食。
「あぁ、梅のおむすびは美味しいでござる。ヘタな手間をかけたものよりもシンプルなこのおむすびが美味しいでござる」&無邪気な頬笑み
そして、残されたチャーメン。

言い訳のようですが、決してまずくはなかったのですよ、チャーメン。
でも、確かにお菓子っぽいというのは納得できます。
残念ながら、炊きたての白米と梅干しのおむすびの方が確かに「晩ごはん」としての期待にはこたえていたよ。
しかしなぁ、しかし、ヘタな手間かけて…という余計なひと言を言わなきゃいいのですよね。
最近、チビの余計なひと言にカチンカチンきていて、イライラさせられます。
毎日のこととなると、寛大になれないんだな~

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ