ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2011年09月29日

カチンッ!

「県営住宅入ったら楽だよ、それにあそこは皆助け合って昭和初期みたいな感じでいいよ」
と、セレブなお友達に言われました。
「なんで、そんなにがんばるのよ、もっと楽に生きたらいいのに」
とまで言われました。

その通りです。
でも、何故でしょうか、ものすごく馬鹿にされている気がします。
いや、県営住宅にお住まいの方達を悪く言うのではないですよ。

なんといいますか…
私子供の頃に親がふがいなかったので県営住宅に住んでいました。
それがなんか嫌で、絶対に自力で普通の暮らしするって決めていました。
ある意味意地です。

でも、誰もそんなの知らないですよね。
「無理しないで、手元にお金持って楽しく生きた方がいいじゃない」
とまで言われて、そんなに私は貧乏チックなのか? とさえ思ったりして。

いや、わかっていますよ、優しさでそういう生き方もあるよって言いたいのだと思います。
ですが、母子家庭なんだから無理しなくていいじゃん、身の丈に合ったせいかつしろよって見下されているような気さえして、そしたら、今までつきあってきたことが思い出されて、いつもいつもこの人は私を見下していたのかって思えてすら来て…

うーん…
正直に感じたことを書いてしまえば、『母子家庭のくせに普通の家庭みたいな見栄をはることないじゃん』と言われているような気がしたんです。
脳天チョップされた気がしたんです。
そもそも、県営住宅に入るための所得制限以上は収入ありで入れないのですが
しかし、入れても入らないと思う。
ぎりぎりまで入らないと思う。

親切で言った言葉かもしれないけど、受け取る側の心理は穏やかではない言葉です。
それを彼女がわかって言っているのなら、もうお付き合いしない。
でも、無意識に言っているとしたら? やっぱり少し距離を置きたい。
いや、でも待てよ
それだけ、私の心がすさんでいるという事? 
それはまずいことです。
注意が必要ですね。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ