ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2013年03月26日

ほっとしたい

毎日忙しくって、目先の仕事をこなすのが精いっぱい。
でも、それはそれでいいんじゃないかと思っています。
忙しさにピリピリするのを通り越せば、麻痺するんですよ。
麻痺した心と体では何も考えない。
それはそれでいいじゃないか。
置かれた立場で生きることができれば、それはそれで。
無心にベストを尽くして行けば必要に応じて岐路に立ち、
いずれかを選ぶことになり、結果それが最善の選択肢だと思える時がくるという
そういう理論を勝手に作り上げています。
自分で自分に言い聞かせる、いつかいいことあるさってね。
あんのか、ほんとに?

今日は子供の通知表の日。
ひどいもんです。
こんな成績とったことないよ、私ですら。
お義理で先生が記入してくださった「やればできる」の文字に敏感に反応し
「やればできるってさ」と変にポジティブに明るい、うちの子。
眩暈…
うーん、どうしてくれようか。
幼稚園児から始まったブログですが、チビが小六ですよ。
こんな馬鹿になるって誰が思っただろう…
通知表で落ち込むのは親なんだよ、うちはね。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ