ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2013年04月21日

このままでいいのか

私の小学生の頃の文集を子供がどっかから引っ張り出してきました。
『20年後の私へ』と題した作文は六年生の頃のもの。
突っ込みどころ満載なんで全文載せたいところですが、かいつまんで。

『おそらく私は結婚なんかしないで1人で居ると思う、
おそらく私は普通のOLなんかになれなくて、
1人でも生きていける仕事をしているはず
…中略
お寺や修道院で働くこともいいと思っている
いいことなんかなくたって、
誰にも邪魔にされず、誰かに少しだけ期待されて
慎ましく生きていてほしい。』

私、どんな小学生だったんだっけ?
普通よりちょいとシュールだった気はするけど、
こんなこと書いていたんだっけ?
誰にも邪魔されず少しだけ期待されて…って、なんだよこの小学生!
でも、今も同じことをふと考えたりする。
成長してないのか、私。

これを読んだ愚息君に「ママって馬鹿だったの?」と言われ
今もアホだけどなって答える私。
いいのか、このままで?
 



Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ