ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2014年05月09日

思いがけぬ悲劇が (?_?)

愚息が帰宅するなり、泣きだしました。

はぁ!? なんすか!?

「今日、冷やし中華とリンゴと楽しみに部活前にとっておいたら、部活前に食べちゃダメって先生におこられたぁ~(ToT)」

って、そりゃもうしゃがみこんで号泣ですわ。
へっ!? 中学生にもなって号泣すか!?

「部活を空腹で走ったオレ、ががががんばったんだよ (ToT)」

それは、とんだ悲劇でしたな。
今から食べれば?

「うん、そのつもり、部活前に食べるのをすっげー楽しみにしてたんだ、リンゴも…(~_~)」

泣き泣き、冷やし中華を食べていました。
泣くほどの事なんだなぁ
まだまだお子様卒業はできないなぁと思ったね。

泣くかね、空腹で、食べるなって言われただけで。
泣かなくたっていいんだぜぃ
と、笑ってしまった私です。

Comment

偏食大魔王の母

麺をお弁当に入れる知恵、なるほど!ですね。
さっそくマネしてみます。

息子くん、食べようと思っていたタイミングで食べられず号泣するなんて、よほど楽しみにしていたんでしょうね。ここまで食に対して執着心が強いとは、ほんとにほんとにうらやましいです! ママのお弁当が抜群においしいんでしょうね。

今日のウチの息子のお弁当は、

・韓国のりを敷いたごはんを赤ちゃん茶碗に1杯程度
 (韓国のりはコストコのもの以外はまずいと口にしません)

以下のおかずは彩のために詰めてみましたが、十中八九残してくるでしょう。
・ウインナー2本
・卵焼き2かけ
・鳥の唐揚げひとつ

・アミノバイタル(ゼリー飲料)

これだけです。

はー、すもも家息子さんの食欲を半分分けていただきたいです。

2014.05.09 8:44:57

偏食大魔王の母

名前を入れ忘れました。

偏食大魔王の母でございます。

2014.05.09 8:45:48

すもも

偏食大魔王の母様

すごいです。
戦いを挑みましたね!
残さず食べてきたら、大袈裟に褒めるか、母さん負けたわ!絶対残すと思ってたなどと褒めたり、驚いたりしてみてください。
何か変わるかも。
残してきても、そうですか、という感じで執着せず。

うちの子は、スポーツ選手になりたくて体をつくる事から戦いだと信じております。
実はあまり食に感心の薄い子です。(でした?)
食事をしながらテレビを観る→テレビを観るために食べるみたいな感じでした。
が、スポーツ選手を目指すようになり、筋肉は何でつくられるのか、体はどうして動くのかなど考えだし、ようやくバランスよく食べる事を考えるようになったというか…
炭水化物+たんぱく質+野菜を食事の中にとりいれる事を理解しています。
(ただし、それぞれの区分けは若干怪しいです)

何が言いたいって、「美味しい」からではなく、体をつくるために食べているところもあり、選手から1歩遠のいた気がするのではないでしょうか。
なのでグルメとも違う、気骨だけアスリートな野郎なのです。

2014.05.09 10:05:38

ページの先頭へ