ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2006年09月25日

仕事の展開

横浜には地域プラザというコミュニティホールがあります。デイケアや、地域の高齢者の集まりや、子育て支援などに使われるスペースです。
昔でいう公民館かな?
地域に一つという感じであるので、区の中にいくつもあります。
今日はその一つで「食育」講義でした。
子供(と言っても離乳期の赤子)も同席だったので、
うるさい中でお話を進めました。
お母様方にとって意義のある話であったことを祈ります。

ところで、この地域プラザですが、私の展望としては(行政に近いのですが)病院に行かない、行けない人、あるいは経過観察中といった人を対象にして、この地域プラザで栄養面でのケアができないのか、と考えています。
それで、今回の食育終了後にお話してみました。
企画書提出してみました。
「一人暮らしの男の糖尿病教室及び料理教室」の開催を。
DM以外でもいい、疾病別にこういうことができれば
医療費の削減につながるではないか!?
(大きく出すぎか?)
こういうの、どっかの企業とか薬局とか、もっと企画すればいいのに。
需要はありそうな気がする。

病院勤務の職種は、どうしてもハードありき、という考えに傾くけれど、器は病院でなくても展開しようはいくらでもあるように思う。
特に同業者の管理栄養士達には、もっと多種に展開して行って頂きたい。
私達は、いくらでも多様に展開できるはずでは?
需要を作りだしませんか?

今日は体調回復です。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ