ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2015年08月14日

大腸カメラを前に・・・


そういや、大学受験失敗した時も何か月もお腹痛かったな。
大学の前期ぐらいずっと腹痛だった。
栄養士絶対とってやる、首席で卒業してみせる!
と、考え変えてから少しずつ気にならなくなった。
(当然、首席でなんかなかったさ。同類の友達とつるんで楽しくやれるようになったからね、別にいいかって)


でも、あの時の屈辱というか敗北というか自己無能感というか
そんなものって今あるのか?
あるなぁ、ちび雄。
そして仕事がいつなくなるんだろうっていう不安、あります。
ただただ誠意を尽くして仕事するだけって思っても
3.11の時はほんと仕事減ったからね、親子路頭に迷うかってくらい。
でもって、あの時にちび雄を一人で停電の家にいさせてしまったことも
可愛そうでそれで在宅仕事だけにしたけど・・・
高校受験終わったら、もう外出ていいでしょ。
でもその頃は、私も仕事は掃除関連しかないかな。
近頃、また地震多いなとか…
そもそも睡眠時間足りないとか…
なんて、考えたって仕方ない事ばかり考えて一人で不安になってたからね。

でも、万が一の時にはさ、ちび雄が巣立ってからがいいよね。
母が病でさよならってのはちと心に残るから、
きっとなんだかんだ、ちび雄はちびちび、ばっかだなって
皆に相手にされていくと思うので…
夢持って県外の高校行って、がんばってくるね、みたいなそんな別れ方がいいな。
県外の高校、いっぱい見学行かせて巣立ちを早くさせるか。

うん、きっと過敏性大腸炎だよ、きっとね。
と、検査が近くなるごとに実はかなり心細かったりする。
だからここに書いて発散。
発散してるだけだよ。

大丈夫だよ(*´ω`)

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ