ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2008年01月30日

中国産餃子で食中毒・・・

TVニュースで大きく取り上げられています。
中国産の冷凍食品で有機系農薬残留濃度高く、中毒症状を起こすと。

やはり、スローフードに帰りましょう。
おうちで手作りご飯が出来る時代に戻しましょう。
とはいえ、野菜だって中国産が混じれば怖い。
どーなっちまった食の安全。
便利っていいことばかりじゃないですね〜
メタボだって、便利が減れば解消されてしまうのかも。

ニュースを観ているとやり切れなくなります。

ひと時の癒しに番長です。
でも、番長顔は濃いな〜
実は私も濃い顔なので、濃い顔は苦手なんです。
番長だけが例外です。

ページの先頭へ

2008年01月29日

ゆっくりしたいな〜

ネット検索で田島番長を検索すれば、山のようにヒットします。
番長、人気者だな〜

韓国ドラマを観て追っかけになるお姉さま方のごとく、私も番長ファンになっております。
仕事などせずに、追いかけしていたい気分。
しかし、今日も仕事をしておりました。
明日も仕事です。
忙しいのはいいけれど、前みたいにボンヤリする時間も欲しい。(いや、それは贅沢なのは知っております)

二月を乗り切れば、少しゆっくりできるかな。
今年は ゆっくりじっくり仕事をしたいと考え中。

ページの先頭へ

2008年01月28日

寝ても覚めても。

まったく仕事をする気がしないのですが、それでも
昼間はいつもよりも お仕事しました。
『朝起きて、会社に行くみたいに仕事をすればいい』by田島番長

皆さん、当たり前に会社へ出勤して働いています。
田島番長はスタジオで作曲を。
だから、私も家事が終わればPC前でお仕事をしました。

田島番長がスカパラ参加した時の最高です。
ルパン三世なんか、ぴったり過ぎ。
田島番長、低音が素敵。

今年はきっとアルバムも発売して、ライブもあるはず。
早く行きたいな〜
でもさ〜
学生時代、社会人時代と違って同伴者がいないから1人寂しくライブへ行くんですわ。

OLライブがもしあったら、同伴者急募します。
どなたかご一緒しませんか??

ページの先頭へ

2008年01月27日

日々、爆発して生きる!by 岡本太郎

今日は愚息と共に川崎にある岡本太郎美術館へGO!
子供の頃、TVで観ていた岡本太郎は「奇異な大人」でした。
今日行ってみて「偉大な芸術家」という見方に変容。

何か奮い立つものが……

日々、爆発して生きる!
そんな毎日激しくは生きられない。
どこか「明日もあるし」と、逃げ腰というか余力を残すというか。
でも、太郎先生はそんなこと許さないのでしょうな。
素晴しい!

田島番長の影響で岡本太郎美術館へと足を運んだわけですが、行ってよかった。
田島番長、やっぱり素敵!
この所の私の静脈には田島番長が流れています。

イナゴの佃煮をためらいも無く食し、このイナゴはでかいから養殖でしょうかという質問に
「え、醤油とみりん使ってるから和食だろ」
と答える番長。
素敵! 最高! 愛おしいっ!

番長の好きだと言う「自分の中に毒を持て」を美術館で仕入れました。
しっかり熟読したいと思います。

番長が好き。

ページの先頭へ

2008年01月26日

ギャップが・・・

連ちゃんですが、どこかにこの気持ちをぶつけたい!
ってことで、お許しを。

先日ご紹介しました、日刊イトイ新聞の田島番長コーナーですが、
面白過ぎて、夜中に声を殺して笑うのが大変でした。
オリジナルラブのイメージとかけ離れ過ぎています。
すかした野郎の田島さん的イメージが破壊されました。
ライブだってたこ踊りくらいしかやらないのに。
田島番長、なんとチャーミングで愛すべきお方なのでしょうか。
こんな田島番長を見出し、コーナーを作った日刊イトイ万歳!
発掘した方、素晴しい逸材を見出してくださりありがとう、です。

田島番長、お友だちになってくれないかな〜
こんな愉快で可愛い人、大好き∞です。
いいなぁ〜
田島番長、キュートだな〜
私の心釘刺しです。
ささりまくりです。

皆様も是非、腹抱えて笑ってください。
田島番長満喫した後にアルバム聴いてみてください。
(逆にアルバム聴いたことある人、読んでください)
えっ!? えーーーーっ!?
ですから。

しばらく、田島番長フィーバーです。

日刊イトイ 田島番長コーナー
URL ]

ページの先頭へ

2008年01月25日

才能とは・・・

芸術分野で長く活躍し続けている人は凄いなと思う。
才能……
いいなぁ〜
しょせん、私がやっている仕事なんて、誰でも変わりが出来てしまうな〜
でも、才能のある人が必ずしも世に出るとは限らない。
うーん。

大好きな田島番長、一見汚いおじさんだけど、ステージ立つと別人のようにかっこいい。
才能って人を惹き付ける。
ライブ行きたいな〜

愚息と共に田島番長のアルバムを聴く。
『かっこいいね〜! ママ、ボクもいつかこんな唄する人になるからね』
無理だと思うよ。
だって、きらめく才能をキミには感じない。
きっときらめく才能というのは、幼い頃から違う輝きをはなっているものだと母は思う。
キミは思いっきり凡人だ。
でも、それで良いではないか。
母は凡人が一番いいと思うぞよ。

それに、才能とは持っていると辛いものではないだろうか?
と、凡人の母は負け惜しみ的に思ったりする。

ところで、田島番長。
今年アルバムを出すのかしら?
貧乏っちいおじさんに見えるんだが、こういう人はどうやって毎日生活しているんだろ?
収入はどうなっているんだろ!?
ほぼ2年、アルバム出してない。
確かお子様もいたはず。
大体、このおじ様は唄いたいのか?
疑問だす。

ページの先頭へ

2008年01月24日

嬉しいような、切ないような・・・

青春時代、大好きだったミュージシャンが2人。
角松敏樹とオリジナルラブ(田島貴男)。
角松さんはファンクラブにも入ってコンサートの常連のようになっていました。
歌手活動凍結しますって最後のコンサートでのビデオには、一瞬だけ私の姿が映っていたりして。
しかし、今聴くと頂けない。なんとも青くさい。
何していたんだ、自分てな気分になります。

ですが、オリジナルラブは今聴いても、イイ感じ〜
高野君とのCMソングだったやつとか、プライマルとか、とても良いと思うのです。
今は二年に一度アルバム作るくらいでしょうか。
関根勉似ですが、音楽は最高だと思うのです。
背が高いけど、喧嘩弱そうな感じが大好きです。
(私は弱い男性が好きなのか!?)
実際は強いのかな?
性格もちょっと面白そう。
オリジナルラブ、また大ファンへ復活です。

何故か↓こんなとこで、記事書いてるのでOLファンは読んでみてください。
最終回にある「のすたるじや」という曲、ちょっとハッピーエンドチックで好きです。
田島番長、最高です。
こういう遊び心のある大人、いいですね。
素敵ですぅ

しかし年とったな〜
URL ]

ページの先頭へ

2008年01月23日

寒い。

今日は朝が雪、午後から雨。
ほっとしています。
息子雪合戦をしたいと言っていたので、帰宅したらつきあわねばいかんのか?
と冷や冷やでした。
雨で良かった。

コタツの中でレミーは天国。
猫は見ているだけでも可愛らしい生き物ですねぇ

原稿書き、お断りしようと思いながらも受けてしまい反省中です。
一本書いては「あーしんど〜」
一本書いては「あー、むいてねー」
そして、講師仕事の下準備などでテキスト読まなきゃとか気持ちは焦るのです。
そして「あー、なんか、面倒だな〜。誰か変わりにやってくれ〜」とすら思うのでした。
年、取りました。
仕事の営業してきますんで、どなたか仕事をやってくださいって気分でいるこの頃です。
あー、生きてるの面倒〜

ページの先頭へ

2008年01月21日

雪じゃなくて良かった

月曜日は雪になるでしょう。
と天気予報で言っていたから、今日はひやひやでした。
雪が降れば幼稚園は休園。
大明神が居ると仕事になりません。
しかし、降雪を願っていた大明神、朝から
『なんで雪じゃないの〜!!』と大号泣なのでした。
制服に着替え、お弁当を持たせ、バス停まで行っても号泣。
そんなに雪が!?
いえいえ。
雪が降れば、家に居て母の仕事中にDSが出来るはず、という甘いもくろみがあったのです。
なかなか計算どおりには行かないのが人生。
学びたまえ、人生が思い通りには行かないことを。

ページの先頭へ

2008年01月17日

初雪

寒いです。
昨日、都心では初雪が降ったとか。
このように寒い日が続くと、毎朝の窓拭きが憂鬱です。
結露が洪水のようで、たかが10数枚(小窓含む)を拭くのにタオルが5本あっても足りない。
一度濡れてしまうと絞ってもダメなので、タオルを7本くらい使うのです。
手も冷たい。

幸せは人をダメにする。
このところ、猫と共に暮らす幸せに浸りきっている私。
何もする気になれず、猫を膝におきテレビを観ていたい。猫と共にひなたぼっこに明け暮れたい。
仕事!?
あー、やらなきゃね〜
ってな感じになっている。
いけないな、とてもいけません。
やはり、ハングリーでストイックに行きたいではありませんか!
しかし、ミュ〜ァ〜ン(遊ぼ〜)の声を聞いてしまうとダメ。
いかん。愚図な私になりきっている。

まったく別件。
芥川賞の発表でした。
文学って、そもそもどうなってるのでしょうか?
私としては、純文学と哲学は類似です。
最近の文学に哲学はあるのか!?
今年の『乳と卵』読んでみようじゃありませんか。

ページの先頭へ

2008年01月15日

こんなもの・・・

今日は朝から電話仕事だ〜!
と、はりきって電話するも、留守が続くこと10数件。
午前中は急遽、時間ができて掃除を。
こんなものです。
つながらないときは、まったくもってつながりません。
ついてねー

今日は、夕方からジャズピアノの教室を見学予定です。
愚息について考えた時、(難易度は別として)
息子のピアノ到達点は楽譜通りにテクニックを駆使するのではなく、
その時々に楽しく自分流に演奏することの方が彼の個性に合っているのではないか?
という私の母のカンなのでした。
何せ大明神である。
国立音大卒のピアノ師範が譜面通りに教えて下さっているのに
「うーん、ボクはここは、こう(音を)ならした方がいいと思うんだけどな〜」
と臆面無くのたまう大明神である。
単に怖いもの知らずで自己中なだけだが。
今のところ、息子の演奏は何でも弾む。
師範は「あなたはいつもアレグロでスタッカートになってしまうのね」
と言っていた。
私には何を聞いてもアマリリスにしか聞こえない。
大明神である。

ページの先頭へ

2008年01月08日

叱られて・・・

母にこっぴどく叱られた息子が、レミーに子守を依頼。
『もうママなんか嫌いだよ〜シクシク』
『大丈夫! ボクが味方だよ』
そんな会話が聞こえそうな今宵の2人でございます。

なぜ母がこっぴどくしかったかと言えば、
7日、息子と2人で箱根の山を散策するはずでございました。
しかし、息子の望みはただ1つ、大涌谷の『黒たまご』だったのであります。
片道二時間半もかけて行ったのに、大涌谷に滞在したのは黒たまご2ヶを
食べるほんの数分のみでした。
さっさと食べ終えた息子は
「ささ、帰らないとレミー待ってるから」
って、オイオイ!
えらく高価なゆで卵だな!!

あいにくの曇りで大きな富士山も拝めず。
まったくガキなんぞに山は無理であったと母は往復の交通費を後悔しました。
『黒ちゃんたまご美味しいな〜。ママ、ゆで卵作ってよ』
って、帰宅後の第一声でございますよ。
黒たまご4個も食べたでしょ!


あー、お札に羽が生えている。
まったくどこまでもマイペースな小僧だ!
怒りを『卵食べすぎでしょ』の叱りとして八つ当たりの夜だったのでありました。

しかし、やはり大明神なのです。
『黒たまごは1つで7年、4個たべたら7年が4つ生きるんだよね。ママより長く生きてやる!』
生きてくれ、どこまでも。
1人楽しく生きてくれ!

ページの先頭へ

2008年01月07日

ついつい

猫大好き星人の私は、このような代物を見るとついつい
購入してしまいます。
レミーたん、気に入ってくれて良かったのですが、
見向きもされなかったら、家族にボロクソ攻撃されるところでした。
いけません。
日本の株価が下落しているというのに、こんな仔猫一匹に
ニマニマと手をかけている場合か!?
と、自分を戒めます。
しかし、浪費はいけませんね。
反省。

でもでも、可愛いのですよ、これが。
いいのです!
これで私は更年期の不定愁訴を一時忘れるのです。
医療費の削減に貢献しているのは、レミーたんの功績です。
この位の出費は……

ページの先頭へ

2008年01月05日

初ブログ

迎春
今年もよろしくお願いいたします。

昨年末にDSを買いました。
もちろん、私が楽しむためです。
しかし、当然ながら息子達に見つかってしまい画像通りでございます。
こうして見ると兄弟ですな。

最近、とてもイライラすることが多いのですが、
今年から始まる特定保健指導を前に不安を口にする同業者に会います。
不安はわかります。不安だけならともかく、不安が多すぎるからなのか、結局何もしていないという方が多いのです。
人は様々です。抱えている問題も様々です。
しかし、動かなきゃ何も始まらないと私は考えます。
それが新たなことなら果敢に挑戦できると考えてしまいます。
んで、そういう方々にお話を掘り下げて伺うと、仕事に対してノンポリだったりするわけです。
もっとひどいと他人の僻みとか、妬みとか。
これ、ものすごく腹が立つのです!
新年早々ですが、溜まった怒りをぶちまけると、
まず渦中に身を置くことではないでしょうか?
まず行動を起こしましょう!
不健康とか、時間の制約とか色々とあっても、できる形が必ずあるはずです。

失敗が何?
誰かに何かを言われても、ご自身の倫理に適っていれば、職業ポリシーに適っていればいいではありませんか?

なりたい自分があるなら、どうすればそうなれるでしょうか?
他人が自分のためにしてくれると思うのは大きな間違いではないでしょうか?
自信がないなら、努力しかないと私は思う。

こうして書いていても腹が立ちます。
怒りに満ちた正月です。

ページの先頭へ