ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2008年06月30日

モンスターペアレント

というTVドラマが始まるようです。
私の周囲にも「え!?」と思うような親御さんがおられます。

小学校へ入ったら、それほど子供との関わりも要らんだろうとタカをくくっていた私。
「子供には聞かなきゃわからないから、学校の一部始終を全部きく」
という方も、
「子供がお宅のお子さんにハンカチを水たまりに落とされたんだけど」
とご連絡下さる方も、
「お宅のお子さん、先生に注意されたらしいよ〜」
とご連絡下さる方も…

私には、到底できないことをされておられ、しっかりと親稼業をこなしておられます。
とてもすごいと思います。

でも…
子供の自主性ってどこで育つのでしょう?
親の知らない子供の世界って、あってはいけないものですか?
親が子供の喧嘩に口ださないといけないものですか?

そりゃぁ、度の過ぎたことは注意しなくちゃいけないし、たとえば先生だって人間だからヒイキなんかしているならクレームの一つもつけたいところ。
と、なると子供から話を聞かなくては…
ということになるのですが、それでも自分の子供の話だけを取り上げて判断していいものなのでしょうか?

わからんです。
まったく子育てというのは、わからんです。
普通の親っていうのが、どの程度のもんなのかがわからんです。
私からすれば、行事で自分の子供の写真が少ないとか、子供が誰かのハンカチ落としたとか文句いうのもどうかなって思ってしまうので、どの程度のことが普通なのかが知りたいです。

まじめに普通が知りたいです。
私は父子家庭だったので、普通の母親という枠が出来ません。
父のような母でしかいられません。

ページの先頭へ

2008年06月29日

生徒ってやつは!

湿気が多くて不快なのか、猫のやつは四六時中こんな表情を見せております。
「なにか!?」
と言いたげな視線でござんす。
腹のふわふわがいつも私のナデナデ攻撃本能を刺激します。

さてさて……
スクーリングシーズンが終了して、講師仕事はひとまず終了です。

「お疲れ様でした! また来るんすか!?」
「はい、また10月からの講義では来る予定みたいです」
「顔だしてもいいすか!?」
「はい、待ってます! 試験がんばってくださいね!」

ニコニコで終わった講義でした。
予想外にも3教科の講義を終了して、ほっと一息です。
実は、直前模擬試験の作成なんかもやらせて頂いて、ものすごくハードな六月でした。
でも、生徒さん達の笑顔っていいな〜
これまで先生って仕事を嫌悪していたけれど、撤回します。
いいですね、先生って。
ただ……
専門学校ですから、ほぼ大人対象です。
だから皆さんの思考回路では、先生と生徒の関係というものが出来上がっている楽さもあり。
また、先生とはことなる講師たるものの力量をも生徒は見抜いているのでは? 
諸々、生徒さんの大人加減に助けられた講師仕事でした。
楽しかったーーーっ!

でも…
自分の子供を放置プレイしてた。
「ママは、よその人の方が大事なんだね」
そうですよ!お金になるんだからさ〜
なんて、口が裂けても言えません。
いえいえ、そんなことはありません。
部屋を散らかしゴミ溜めにするキミが、
食べ物食い散らかすキミが、
新品の洋服も落ちない泥汚れをつけるキミが
一番大事なものですよ、と弁明。
これまでなら、抱きついてニコニコしているはずでした。
しかし、少しはにかんだ笑顔を見せただけの愚息。
母の気づかぬうちに、少し成長しておりますな。
と、思っていたら…
料理する私の足にずーっと抱きついて離れずにおりました。
なーんだ、まだまだ赤ちゃんか。
母はここだけの話、キミに早く大人の話が通じるようになってもらいたいよ。
子供は苦手なんだよね〜
ついでに、キミの大好きなリンゴとはちみつたっぷり甘口のカレー作るのも、
実は嫌いなんだよね〜

ページの先頭へ

2008年06月26日

またもや

しばし潜水状態でした。
そして日光浴でございます。

皆さんは、ふと世の中が怖くなることがありませんか?
考え過ぎなのか、自業自得なのか、また運が悪いのか…
私は、すぐに世の中が怖くなります。
意気地なしになることが増えました。
主に育児にまつわることなのですが、信じられないことがたくさんあります。
疲れます。
そんなに子供に四六時中関心もたないといけないの?
うっとうしい!

そして仕事のことも不安になります。
フリーターのフリーの私。
この先どうなるんだろうな〜
やっぱりきちんと就職しておくべきかな〜
でも、今のお仕事はどれも捨てがたいし、辞めたくない。
講師仕事もあたふた、ドタバタを講義毎にやらかしているのですが、
それでもまた10月からの依頼を頂きました。
うーん…
悩める年頃です。

ページの先頭へ

2008年06月22日

究極

究極のごちそう=塩むすび だと思います。
米と塩…嘘やごまかしのきかない味です。

唐揚だ、ハンバーグだ、炒飯だ、カレーライスだとイチイチ煩い愚息の
朝食に出してみました。
(何も買えない貧乏になったわけじゃないよ)

今朝は 本当のごちそうです。
『これがですか!?』
怪訝な目つきで、塩むすびと私をしばし見つめて、他に何もでないと確信した息子。
しぶしぶ食べ始めたら……
「!」
あっという間に3個完食。
美味しいでしょう?
「ほんとうに、ほんとうのごちそうだった」

私が父から教わった唯一のごちそうだと思う。
父の言葉を思い出します。
「塩も米も、余計なことしないのが一番。だから旨い」
余計なこともして欲しいな〜と思って過ごした子供時代でしたが。
今は、本当に塩むすびの美味しさがわかります。
おいしいな〜と思いながら、涙が出ました。

ページの先頭へ

2008年06月20日

はじめての・・・

今日は外仕事の日でした。
が・・・
朝、息子が耳を痛がりました。
その瞬間、私の心が躍りました。
お仕事を休む口実いえ、正当な理由ができるではありませんか!

ばっちり休みました。
で、息子を耳鼻科へ連行し、痛みのひいた息子はその足で学校へ行きました。

疲れている自分というのを感じます。
集中力は続かないし、ここぞという判断がつかない。
かつぜつも悪くて・・・

少しお仕事を整理した方がよさそうです。

栄養士の仕事と心理面のお仕事1本できれば幸せだな。
と、考えた時に 特定保健指導って10年後もある仕事なのか?
と思ったりして。
予防層への働き掛けは必要だし、やりがいあって大好きだけれど。
どうなんだろうな〜
意外と周辺は特定保健指導なんてこれっぽっちも騒いでないな。

ページの先頭へ

2008年06月18日

ちょっとご無沙汰しております

こんばんは
ご無沙汰しております。

海底探索(いやいや、もぐらになって穴掘ってた?)しておりました。
かなり落ち込んでおりました。
なんだか生きていても、いいことないな〜って。
疲れていました。

ちょっと活動停止して、最低限の仕事だけを済ませていました。

元気じゃないけど、日光浴気分で地上へ出てみます。
色々な人がいるな〜
でも、自分が一番ちっぽけだな〜と思いました。

ページの先頭へ

2008年06月13日

やっぱりだるい

我が家の長老(インコ7年目)とベイビーと見つめ合い。
やはり脳みそのでかさは知力に関わるのか、猫の方はインコと遊ぼうか? くらいなのだが、インコは何日経っても慣れないというか、これ、最大限の親しみかな?

昨日は、鱸伸子さんという方のコーチングセミナーに参加した。
これまで特定保健指導でほしかった答えが全部そこにあって、解消されてスッキリしました。
鱸さんという方、ご自身もベーチェット病になって自分探しが始まったとのこと。
穏やかな丸い物腰の方で、最後に質問させて頂いたところニコニコとすらすらとお答くださって大感激。
あまりの感激にこの方の会社にメールをしたところ、ご本人からお返事が届き、更に大興奮!
そのメールがとても可愛いのです。
「嬉しくって嬉しくって、こちらも感激です〜」
って、なんてチャーミングな方なんだろう。
こんな感じに年を重ねて行きたいなと思うのでした。

でも、気持ちは相変わらずダルダル〜
できれば何もしたくない。
でも、でも今日も別の仕事の研修で出かけないといけない。
休みたい、公園で本でも読みたい。
なーんにもしたくない。

ページの先頭へ

2008年06月11日

けだるさ

数日、仕事が忙しくて猫と戯れていませんでした。
久しぶりに抱っこして戯れて、喧嘩特訓してみました。
グルにゃんっ、ミャッ、と声をあげながら甘えモード。
猫にも表情あり。
愚息に抱かれた時と顔の表情が違うのがわかるでしょうか?(猫ばか発言ですな〜)

仕事が忙しくて気が紛れるかなと思う反面、忙しさで体がだる〜いので、なんだかダルダル。
今日の午前はしっかり休んで、午後からしっかり仕事しよう。

ところで、希望って何だろう。
とにかく今日も生きていようって気持ちが精いっぱいの今です。
明日のことや一寸先でさえ考えたくもない今です。

ページの先頭へ

2008年06月08日

嬉しい発見!

仕事で八王子まで行きました。
「お酢バー」が駅構内にあり、朝 横目でちろり。
帰りに寄ったるで! と記憶に刻み込み仕事へ。
仕事中も何気に頭にお酢がちらり、ちらり。
帰りはダッシュでお酢バーへGO!
そして黒酢の水割りを1ショット(ちなみにサービス価格で120円)
酸味とまろみと、それでいてガツンとくる味でした。
中国ではアイスにもかけると聞きましたが、スーパーで市販されているミーハーな黒酢を常用している私にはピンときませんでした。
でも今日味わった黒酢なら、確かに原液をアイスにかけたら美味しそう!
酢ですから、回転の速い1ショットでいいのでしょうけれど、
普通に喫茶店にも置けばいいのにな〜

なんて思いつつチビチビやってたら、ふと目にとまった「食事バランス幕の内弁当」。
!!!!!
なってる!
食事バランスガイドになってる!
ごはん、野菜、果物、乳製品が盛り込まれ、しっかりきっちりバランスガイドです。
これを考え出したのは、絶対に管理栄養士だと信じたいっす!
こういうのを見るともの凄く嬉しくなります。
がんばっている同業者の姿がなんとなく浮かんで、励みになります。
私達の仕事って、こういうことなんだよなって痛感します。
栄養を食事で表現する、食べやすい形にしてしっかり摂り入れて頂く。
そのために何をどうすればいいのかを考える。
そうそう。こういうことなんですよね。
こうすると、とってもわかりやすいと思う、食事バランスガイドってものが。
ブラボーな仕事拝見いたしました!
今日は少し幸せです。
(プライベートは最悪なんですが)

ページの先頭へ

2008年06月07日

兼業ママ

働くママさんとお話していたら「兼業母」だから、時間が欲しいとお話くださいました。
なるほど、兼業ですね〜
大体、働いている母と言うのは似たような気持ちでいると今日の話で感じました。
言いたいけれども言えないモゴモゴ伝わりました。
「子供のことを全部知っていたい」というのは専業主婦の方に多いようだという見解。
兼業の場合、自力でなんとかなってくださいと思うようです。
多種多様の母同士のつきあい、うかつなことは口にだせません。
モゴモゴと口ごもり「色々な方がいるからね〜」と結ぶ。

ものすごく育児が嫌いと私が愚痴ったら、
「そんな風に全々見えなかった。公園でよく遊んでいたよね〜」
そうだ、そうです。
無理無理、嫌でも公園デビューし、公園ジプシーし、子供を遊びに連れて行ったよな〜
それから思えば今は楽か??
でもってよく頑張ってきたともいえるのか?
逆に無理しすぎて今疲労感に押しつぶされそうなのか?

わからないけど、やっぱり希望の持てない毎日だ。

健全な頃、自分の考えが一番正しいと思って、自分の物差しや価値観やそんなものを他人に平気で押し付けていたけど、若さゆえの愚的行為でした。
どんなにこちらからみて、ちっぽけだと思える悩みでも当事者にとってはとても重圧を感じていることもあるな〜
この母としての悩みなんて、きっと男性からみれば??なんだろうし、難なく母を全うした方からみれば、そのくらい何よ? ってなことなんだろう。
でも、経験のないことはやはり脅威だし、何がどのくらい苦痛かなんて、他人にはわからん悩みなわけですね。
人と協調していける人間ならいいけれども、それが苦痛な人もいるし。

色々な人の色々な悩みは、本当に色々なんですね。

ページの先頭へ

2008年06月06日

10年後

落ち込んだ時どうするか? という質問に
10年後も同じことで悩んでいるか、忘れているかを考えて、忘れているだろうな〜ということは、なんとなくやり過ごすという返答を頂いた。
なるほど〜
確かにそうかも。
仕事のことは、みーんなそうかも。
10年後になったら「いやー、私も若かったわ」と鼻で笑いそう。
でもな〜
子育て母の世界って一種異様で独特なので、よくよく考えてみたら妊婦の時から?と抵抗ありありだったからかれこれ七年も同じ悩みを抱えてきたのでした。
これは、10年後も悩んでいるよね。

男性にはわからないだろうな〜
仕事だけしていればいい男性には。

ちょいと先輩の女性とお話していたら
「こうして外に出て働かせてもらってるから夫には文句言えないわ〜」
すばらしい感謝の心なんだけど、今の私にはしっくりこない。
だって、女性は家庭を守るべし! なんていう男尊女卑な教育はされてない。

むしろ我が家なんて、一家食わせるだけ稼ぎもない夫でそれで威張られても。
稼ぎが少ないなりに、家庭のことも協力しなさいよと言いたいっす。
一回授業参観に顔出して
「俺には無理ばい」って、私だって嫌々やってんだから半分くらい参加しろっての。

って、これも七年越しの悩みというかストレスだな。

子供さえいなきゃ、離婚して嫌なことから解放される。
でも子供がいる限り、この悩みからは解放されない。

なんで、今の育児って厄介なんだろう。
なんかすべてに怒りを覚えるこの頃です。

ページの先頭へ

2008年06月05日

偉大なる母族

育児中の母同士の付き合いというのは、本当に苦痛です。
働いていると、特に専門職だとツーカーでつうじることもあるし、
見解の違うことがあっても、突き詰めていくと「対象者(お客様)」のために何が最善なのかと考えていけばいいと、まとまるものです。
母同士はこうはいかない。
「うちの子が一番」だから?

大事な母性です。
でも、それほど母性が育っていない私のような人種にはとにかく疲れます。

それに母親というのは、とてもとても頭脳明晰でいらっしゃる!
ものすごく頭が回転していて、反応が速いのです。
そして情報も早く護身術にたけている。
私はそんな母親という大海の中に漂流する
いかだに膝を抱えて坐っているような心地の毎日です。
きちんと近所づきあいして、うまく母同士の波を乗り越えながら笑っていられる
母親って稼業をこなしている皆さん…
すごいです。

私は仕事の方が楽しいし、自由を感じます。
仕事だけしていたいな〜
無理だよね、産んじまったしね。
どっかで母親稼業塾とか開いてくれないかな。
母同士の眼には見えないとてつもない壁が、毎日毎日脅威で恐怖です。
この世界を生き抜く頭脳をください。

ページの先頭へ

2008年06月04日

督促状

郵便物に紛れて住民税の督促状が届いておりました。
いつもはまとめて一回払いなので忘れませんが、今年は分割でチマチマ払っていたから、こんなことに。
ごめんなさいね、役人さん。
でもね…
無駄使いすんなよっ!
私のような低所得者からもしっかりと税金徴収し、そのお金で高齢者に後ろ足で砂かけるような法案とかね、頼んでないし。
もっともっと、子供が産みたくなるような、子供が育てやすい職場の確保とか、病気の子供看てくれる保育園とか、やっぱり高齢者になったら医療費安くできるような法案とか考えてほしいものです。

わざとじゃないよ、わざと遅れたわけじゃないけどさ〜
なんか、白々しいというか、ふんっと鼻息出てしまう督促状なのでありますよ。

払うよ、払います!
だから無駄使いすんなよなっ!

ページの先頭へ

2008年06月03日

なんか疲れたな〜

今日は久々の外仕事で疲れたな〜
明日も外仕事です。
六月はとても忙しい予定で、今からへとへと。

ページの先頭へ

2008年06月03日

もにょもにょ・・・と悪人の私。

助けてほしいにゃ〜
という表情のレミーであります。
しかし爪もたてず、逃げることもなく息子の玩具となり耐えております。
そんな時のレミーのしっぽはバタン、バタンと激しく波打つのです。
しかし、愚息にかかれば
「嬉しいの〜、そうなの」
違う違う逆だからね、猫は。

最近昔の夢をよくみます。
高校生の頃、大学生の頃、さかのぼって三歳ぐらいの頃の夢を。
学生の頃の夢はいいのですが、幼児期って辛い記憶しかなくて、楽しい夢ではありません。
悪い夢って起きた時にどんよりします。

昨日は高校生の頃の夢を見たのですが、そしたら偶然にも高校の頃のクラスメートと再会。
それほど親しくもない方ですが、それでも意外な神奈川での再会です。
お互いに「何故ここに!?」
あちらは観光とのことでした。
私は子供を連れての買い物でした。
湘南モール、ミスターマックスにて。(地域限定の話題ですな〜)
私の出身地は土浦(茨城)なので、はるかかなたですよ。

お互い年取ったけど雰囲気は変わらず、わかるものですね〜
で、お互いの子供をみて「そうなんだ〜、幸せそうだね〜」なんてよくわからんことを言い合う。
で、お互いの子を可愛いね〜と言い会うも、たぶん可愛いなんて思ってないよな〜
うちの子、鼻ほじり過ぎて鼻血出してティッシュで拭いてたとこだし。

思わぬ方との再会に気持が昔に飛びました。
あまり過去は好きじゃない。
大学生になって学校が楽しいと思えるようになった私です。
大学生の付き合いって、それまでよりもぐっと大人同士の付き合いができて、心地良かった。

子供同士のどうでもいいつきあい、好きじゃない。
でも、最近これと同じ感触がしています。
母同士のつきあいです。
子供の比較、遠慮無しのもの言い…
苦手だな〜
やだやだ。
小学校になったらマシかと思ったら、癒着親子というのは小学校になった時の方が顕著に現れるみたい。
子供同士のことに、口出さなくてもいいでしょ。
かえって混乱させる。
癒着親子がご近所にいると、毎日が波乱含みです。
しかも同じクラス、同性ときたら、たまりませんよ〜
「うちは子供の自力に任せてみようかな〜」
なんて雲にまく発言を繰り返す私だけど、ご近所にてそんな親子に会ってしまうと「しまった!」と思います。
そして「子供の力がなくなるよ」と言いたくても言えずモニョモニョモニョ……。
いつか言ってみようかな。
でも、言ってみるほど彼女を好きじゃないな。
うずまく腹の黒さに自分で自分にモニョモニョモニョ。

ページの先頭へ

2008年06月01日

仕事が・・・

今日は暑くて目が覚めました。

夫とかかわらずにいようと決めていても、いちいちうるさい夫なので朝から口論に。

洗濯物を干していたら、雲ひとつない晴天でスカッとしている。
でも色々憂鬱。

大好きな仕事に気が回らないというか、仕事に行きたくない気持ち。
何もしたくない。
公園にシート敷いて本を読みながら空をみたい。

精神科に行っても解決じゃない。
解決でないけれど、薬とカウンセリングを並行すればただ時を過ごす一助にはなっている。
どうしたって真面目なタイプというのは、がんばるようになっていて、他人に「大丈夫?」と言われれば大丈夫です! と答えてしまうように出来ているもの。
ほんとうは、行動停止、思考停止したい。
そんなに、がんばらなくていいよな〜
誰かのために生きてるわけじゃないし。
他人と私、一緒じゃないし。
明日とか考えられないし、今過ごすのに精いっぱいだし。

*誰かに向けてのメッセージではありません。

ページの先頭へ