ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2008年12月28日

ジュリー祭り

沢田研二のライブをTVで観ました。
60歳を迎えたジュリーは、外見メタボチックになり、やはり年をとったな〜と思います。
でも、80曲歌いぬいたジュリー
若いころとほとんど変わらぬ声の感じ、伸びがとても良かったです。
日頃から、注意を怠らないのでしょうか。
きちんとTOKIOがTOKIOだったし、時の過ぎゆくままに、も昔のようだったし。
普通の60のおっさんとは、やっぱり違う。
その道のプロを見た気がします。

ただ、私としては、暴れん坊な、やんちゃなジュリーのイメージでして、ファンの皆さんに「お陰様でこの日を迎えることができました、ありがとう」と言っている姿は、あらら丸くなったのね〜と思うのでした。
(もともと丸いのかもしれませんが)

田中裕子さんは、沢田研二さんが大好きで、奥様の座におさまった方。まだ子供だった私は、田中裕子さんを好きになれなかったのですが…
お二人にとっては良い結婚だったのでしょうね。

ライブを観ながら、色々と回想など。

ページの先頭へ

2008年12月26日

はりねずみケーキ

市販のロールケーキに生クリームを塗り、いちごをかざれば、立派なケーキ。
飾り付けを子供に任せれば、ほらこの通り!
とてもセンスがあるとは言い難い。

「ハリネズミケーキ! このケーキを食べる時は、針のところを僕が食べないと、みんなはお口がチクチクするからね。 ぐふふ」by大明神

1人、いつまでもグリムの世界です。

ページの先頭へ

2008年12月25日

メリークリスマス

皆さま メリークリスマスです。

気分と体調がすぐれず、ちっとも楽しくないのですが、それでも子供のためにケーキを作り、料理をちょっと多く作りました。

頭痛ガンガンで、ロキソニンも効かずついしかめっ面です。
「寂しそうだね、ママ。僕がピアノを弾くから元気になってね」
と、気づかいはありがたいのですが、そのへぼいピアノが頭にガンガン突き刺さるのであります。
しかし、ひきつりつつ口角を上げてみせる私。

ちょっと仕事、ちょっとだけ…とPC部屋に逃避中。
母という職業は、何と過酷なコンビニ営業なのでありましょう。
いつも逃げ出したいと思いながら居るので、余計にいやな母親稼業。

子育てをきちんとしている母上様、皆様偉いです。

サンタがいるなら、私の願いはただ一つ。
私の逃避行をさせてください。ここに留まらせている私の自制心をどこかへ捨てることをお許し頂きたいものです。
無理、だよね。

ページの先頭へ

2008年12月21日

八王子は二度違う!

八王子に非常勤講師です。
八王子、絶対寒いです。
横浜より二度位違うはず…

今日は、子供と離れる時間があったせいか気分も楽でした。
子供は逆に密着していたかったようで、帰宅したら甘えっ子になっていました。
子供の脳はそういう風にプログラミングされているのでしょう。
可愛がられることで安心し、明日への期待を膨らますのです、きっと。
そして、決して許していないのに受け入れてしまいます。
それを見るとまた、私はやり切れないのです。

児童虐待防止法が出来て、虐待という行為を発見する機会は増え、救われる子供も増えたのでしょうか?

でも、根深いところで問題解決が必要なんでは?

虐待してしまう親もまた虐待被害者なら、自力で抑制のきかないこともあり、そういうことに対しての行動療法とか、何らかの改善支援をしていかないと。
とは、私が求めていることですが。

この子の将来のために、私がふんばって暴力を振るわないこと、言い聞かせても、わかっていても、どうしても歯止めのきかない瞬間が恐ろしい。
そういう時に、暴力父の気持ちと、虐待される子供の気持ちと同時にわかっているので、怖さが増すのに歯止めがきかない。

ピアカウンセリング、できないかな。
ないなら、作る…というのができるといい。
そのためにもう少し、心理学勉強していこう。

でも、まずは今度こそ暴力しない。

ページの先頭へ

2008年12月20日

たまらない時間

今朝、子供をたたき、蹴ってしまいました。
絶対良くないとわかっているのに、興奮すると手が出てしまいます。
何度言ってもゲームを止めなかったことと、具合が悪いのにゲームをやっていて、食事のあとにゲロしたからものすごく頭にきてしまいました。
ゲロした上着は、昨日買ったばかりのものだったのに。(子供服なんてそんなものなんですが)

手が出てしまうのは、私の悪癖。
でも殴ってしまったあとに、とてつもない後悔。
許されない。
こんな日は、子供が怖くてたまらなくて自分も怖くてたまらなくなります。
昔、父に殴られたあとに感じていたことを子供にも味あわせて、自分もまた父と同じことをしてしまう怖さです。
子供にひどいことしておいて、何の言い訳もできないけど、なんで手がでてしまうんだろ、また、この子も親になった時に暴力父になってしまうのに、どうして止められないんだろって自分が嫌になります。

経験のない人にはわからないと思うけど、どうしよもなく怖くなります。
死にたくなる時間が今です。

ページの先頭へ

2008年12月18日

おやじ座り

この座り方を見られると私は幸せな気持ちになります。
一日に数回、この座り方でボーっとしています。

これぞ、スコティッシュフォールドが見せる「スコ座り」らしい。(ネットで「スコ座り」で検索できますよ〜)

毎日、かわいいのはこの子だけ。
人間なんぞ…

ページの先頭へ

2008年12月18日

ツリー

人間不在のおり、猫がツリーをだらしなくしました。
飾りが相当みだれております。

ページの先頭へ

2008年12月16日

師じゃないけど・・・

とても 忙しい12月。
しかし、今月を過ぎたら来月からゆっくりできるな〜
と言い聞かせて、ひたすら仕事を片付け中です。

脳内引出しを片っ端からひっくり返して、あーでもない、こーでもないと試験問題作成と、添削仕事に追われております。
〜普通に三食食べていれば、脳内のグルコースが欠乏することはありえない! ので、
間食で甘い物はTGを増やすだけですよ〜
と栄養相談では良く言っているけど…
欲しくなるんだな〜、頭使うと糖分が。
単なる習慣なのですが。

で、コーヒーブレイクなのでした。
衝動買いのクリスマスツリーを眺め、ツリーに上り降りられない猫を助け、ほっと一息。

ページの先頭へ

2008年12月15日

クリスマスツリー

昨日、210?のクリスマスツリーを衝動買いしました。
これまでは150?でしたが、これがレミーやら子供やらのせいで偉いショボイツリーになっていましたので。
というのは言い訳で、何かパッと気分の明るくなるものが家の中に欲しかったのです。

偽物の木でも、飾りをつければ明るくてきれいでとっても良い!
何故、この時期にバカでかいツリー!?
クレームつけていた鬱夫も、出来あがったツリーを見て「まぁいいよ」
まぁいいよだとぉ〜っ!? 誰のせいで、誰のせいで大変な事態だと思ってますの!?
とは、思ったが言わず。

子供と猫と私、ツリーのもとで綺麗だね〜を連発した幸せな休日でした。

衝動買いだけど、いい買い物だと自分に言い聞かせ中。(でも、無駄遣いだよな〜とかなり反省)

ページの先頭へ

2008年12月13日

レミーマルタン、一周年

我が家の気品高きレミーマルタン君が、うちの子になって一周年を迎えようとしております。

子猫の時には、こたつの中にどっぷり入り浸っておりましたが、今では下半身をこたつに入れて上半身は出ている状態が多く見られます。
猫の満足げな寝顔って、愛くるしいったら!

しかし、ふと、この子はどうしたって自分より早く死ぬな〜と思いついてしまい、じんわりと涙。
こんなに可愛い子の死はすでに決まっていて、それを私は看取るんだな〜と。
猫だけど、一匹では済まない存在感。
う〜

せめて、せめて、こちらのエゴであっても、たくさん可愛がってあげたい!
いや、相手してもらいたい。(猫なんて自己中だもんね)

愛しのレミーマルタン、ラブリ〜

ページの先頭へ

2008年12月10日

粋な気配り

外仕事の帰りの電車内にて。

初老の女性に席を譲る若者(男性多分20代前半)の一言が、素晴らしかったです。
「荷物が多いようなので、どうぞ。僕は1つなので」
と、女性の2つの荷物と自分の1つの荷物を比較した物言いを。

常々、老人に席を譲るという行為にためらいを感じてしまうことがある。実際に席を譲ることでお叱りを受けたこともある(「それほど老いぼれていない」と)。
私には、とても躊躇する行為なのだけど、
若者のこの一言は、考えれば考えるほど素晴らしい!

若者と年寄りという年代の差別も性別も、すべてを超越して不快指数を上げることがない。(と思う)

席を譲るタイミングを逃し、なんだかバツの悪さを感じながら、こんな若者を育てたお母様というのは、どういう親御さんなのかしらと考えていた。

ページの先頭へ

2008年12月08日

キャーッ!

大好きなミュージシャンのライブがありますっ!
東京のようなので、行きたいーっ!
でも、仕事あるし、子供もいるし無理。

膨らんで消えてしまった幻・・・
行きたいな〜
でもクリスマスイブの夜なんて、主婦には無理ですだ。
仕事は休めても、育児っ中仕事は休ません。

本当ならね、行きたかったっす!
くーーーっ!

ページの先頭へ

2008年12月06日

地味な仕事

管理栄養士通信教育の添削業務を知人のピンチヒッターで1月だけ。

一週間に20件程度の代役です。
皆さん共通に、おもろい日本語だな〜と思います。
ひきつけられる文章なら、何でもいいなと思うのですが、例えばショ糖がグルコースになるまでの経路を説明せよ、という問題ならば…
・ショ糖は二個なので、酵素でグルコースになる。
・ショ糖は分解できない
というような、問に対しての解答としては、うむむと思ってしまうような…。
はっきり言えば、適切な解答ではありません。
経路を説明せよ、ですから。

ショ糖が2糖類だとか、グルコースが単糖類とわかっているだけ良いのかな? 
いや、いや、一応合格率20%と言われる難関試験です。もっとしっかり説明できないといかんでしょ。
(マークシート試験だとしてもね、理論を熟知しようよ〜)

でもって、もうすこし国語力も磨きたいものです。
ブログや日記とは違う、テストですから。

まだ10枚程度しか見ておりませんが、驚きがいっぱいで、1枚見るごとに 独り言をいってしまいます。

×をつけたら、しっかりフォローして欲しいと依頼主からのご要望。
×でも理解できているところは褒めろということか。
うむむ。
ある意味カウンセリングやコーチングと類似ですな。
びしっと正解書いてから、めちゃくちゃな褒め方している自分が怖い。

しかし…
これはこれで楽しかったり??
いやいや、地味な仕事です。
代役だけで十分だな〜

ページの先頭へ

2008年12月02日

減らすつもりが…

仕事を減らすつもりが増えてしまいました。
いいのか、自分!?
依頼頂くうちが花!?

しばし休養とは行かないもんだな〜
と思うのでした。

最近は、なんだか力が抜けてしまい「今の自分でいいかな〜」と思ったりします。

できる方はできているでしょうが、40歳にして感情を押し殺しすべての人に感謝なんて、きれい事でしかありません。
無理に悟る必要もないような気がして、自分が大嫌いですが、やっぱり自分が一番好きになってやろうとか思ったりして…います。

60か70歳くらいになったら、色々なことを悟れる人間になれたらいいな(でも、無理かもね)と思います。

・どんなに困難でも笑っていられる人もいる→少数
・泣きながら、這い出す人→多数
・泣きわめき、呪いながら落ちて行く人→少数

では??
私は、泣きながらも這い出すことができる気がする。
それが今の私の力。
いつか、ずっと先に「ばあちゃん、昔は我ままでね〜」と孫に話せる日がくればいいと思う。

無理は疲れる。
とはいえ、出来るだけ周囲の人には失礼のないようにしたいと心がけていたいけど。

ページの先頭へ