ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2009年11月29日

開き直り

先週ミスを犯し、この週末はかなり凹みました。
明日の出勤が怖いです。
がしかし、もうどにでもなれって感じです。
首なら首でいいからさ、こちらも言いたいことは言わせて頂こうと思っています。
そもそも、なぜミスをしたか。
私の判断の甘さ以外ないわけですが・・・・

ちょっと病院のストレスは私生活に波及して、かなり生活が荒れています。
これはいかんです。

がんばれ自分。

ページの先頭へ

2009年11月24日

今日の食物

朝:納豆かけご飯+味噌汁
昼:たらこパスタ+ミニケーキ+紅茶
夕:ご飯およそ150g+カレイの煮魚+白菜のクリーム煮
その他、紅茶、リンゴ一個

う~
今日も食べ過ぎでお腹いっぱいです。
リンゴは腹にたまります。

ページの先頭へ

2009年11月23日

今日の食物

目が覚めたら目の前に、おむすび頭であります。
戸建はマンションよりも冷え込むので朝方は毛皮をまとっても寒いのでしょう。
人の枕を横どりし、ぬくぬくと布団に横たわり爆睡の王子です。
爆弾おむすびのように美味しそうだ~と思いつつ活動開始の今日でした。

朝から食欲が凄まじく…
・ホイップクリーム&あんこの菓子パン
・ピーナツクリームがべっとりのソフトフランスパン1本
・ちゃんぽん
・りんご1つ
・親子丼1/2人分

結構食べたな~
これだけ食べて運動量は極わずか、いけません!
メタボリックになってしまいます。

食べ過ぎはイケないぞ!
しかしもはや食べることくらいしか楽しみがないな~としみじみ思うのです。
何かみつけないといけません。
でも、お金に結びつくことがいいな~

ページの先頭へ

2009年11月22日

怖い朝

「ウギャギャーーーーッゥオーン!」
物凄いうめき声が響き、庭を見たら例の彼女でした。
まったくもう、またもや朝からインネンつけにやってきたみたいっす。
うちの猫王子は「フンッ」と目もくれず、しかし窓から静観のかまえ。
もう一人のヤンチャ小僧は「今の何? 怖いっ!!」とビビりまくり、声の主をみてさらに仰天。
「あれは、猫なの? おばけなの?」
うーん、猫だしお化けだし…でも確かに生き物だね、猫だね。
大のネコ好きな私と子供、大抵の猫にはかなり好意的に反応できるんですが…。
だが、だが、この子の雄叫びは何とかならんのか? 
それでこの風貌は迫力あり過ぎなんですわな。
窓に前足べたっとつけて白いぶよぶよの腹が揺れ、泣き叫ぶ顔は妖怪みたいで怖い!
「オ~ラ、何やっとんじゃ、ワレ~! 表出ろや、ワーレッ!」
そんな、そんな感じの雄叫びというか、なんというか。
あまりの恐ろしさに誰もが無反応を決め込んでいたら、そそっと引き上げていきました。
怖い怖い朝なのでした。
一体我が家に何の恨みがあるというのでしょうか!?
また日を開けずやってくるでしょう、怖い。

ページの先頭へ

2009年11月20日

技量

件のアルバイト先で「技量は自分で磨くべき。人に教えてもらおうなんて甘い」と例の方がおっしゃる。
まったくその通りだと思います。
自分の甘さ痛感。

でも、最近では教えてもらうのが当たり前のところが多くて、ぬるま湯に浸かっていたのかもしれません。
件の病院以外のお仕事先では、どこも質問すれば当たり前に返ってきます。
でもこれ、本当は当たり前じゃないな~
技量を磨いてもらうってのは間違いで、やはり技量は自分で磨くものだもの。

ヒステリックな怒鳴り声は嫌だけど、でもこういう厳しさ忘れてた。
こういう厳しさも週に何度かなら必要かも。
何故って、「まぁいいか」と思った時点で職人は職人でなくなる気がします。
私はプロフェッショナルでいたい。
できれば生涯現役のプロでいたい。
もう一度ちゃんと勉強しなきゃいけないような気分です。
40過ぎ、改めて襟を正す、きちんと患者さんを受け止めてサポートできるようにがんばらなきゃ。

ヒステリックには体が縮む思いだけど、こちらに気を使っている場合じゃないんだな。(いや、厳密には社内営業も必要だけど、媚びたくないし)

こういうの、この数年の私には欠けていたかも。
なるようになるが一番いいとは父の口癖だったな~
結局必要なことだから試練があるのかも? 
首になったら仕方ないけど、今は逃げない。

さっそくカーボカウントの勉強でもしよう。

ページの先頭へ

2009年11月20日

軽くめまい

昨日のアルバイトでは、トップと顔を合わせる機会がなく…
もう、いいか。
三月までだもの、がんばるよ。
その間、どれだけ患者さんのサポートが出来るのかやるだけやってみるでやんす。

ちょっと小耳にした話ですが…
「こんなの一回で覚えて!」
とヒステリックに叫んだ病院栄養士ですが、実は一回では覚えていないそうです。
なーんだ。

ちょいとがんばる気持ちになりました。 

ページの先頭へ

2009年11月17日

微妙な空気

昨日も病院仕事でした。
が、またもや病院栄養士怖くて辞めるって言えませんでした(泣)
昨日の失態と言えば、お茶出しのタイミングつかめず来客中にお茶が遅れたこと。遅れた動揺で偉い人優先せず、助手に先だししてしまったです。
その来客とは中村丁次さん。(栄養士なら多分誰でも知っているはずの、あの中村先生です)

なんだか、自分ものすごく場違いなところで働いているような気がしてなりません。周囲は4大や大学院卒のようです。
短卒の現場上がり管理栄養士では知識不足か??
いや、いや、こうなったら負けてはならぬといいますか、雑草魂といいますか、
現場上がりだからこその強みというか、なんていうか…

どうせ三月までだもの、きちんとがんばってみようと思うようになっています。
仕事自体は楽しくやりがいを感じているわけですから。
お茶出しでヒステリック起こされてびびったものの、それは能力でなく
気の回し方の問題なわけで、あまり落ち込んではいけない気がします。(勝手な自己再生)

このくらいのストレス、週に2回のストレス、三月までのストレス、負けてはならじ。
栄養指導についての短期集中訓練だと思ってがんばります。
もっかのところ、きちんと精密にアセスメントしていくこと目標です。
病院では食事面以外の栄養管理加算がつき、個人個人の栄養ケアがされています。(NSTももちろん稼働中です)
調理は委託、栄養管理加算は直営栄養士という感じのようです。
1人1人スクーリングして栄養ケアをしていくのは点数に見合わず大変のようです。
こちらの病院栄養士アルバイトは栄養指導のみ。
こちらのアルバイト期間が終わったら、どこかで栄養ケアにもいつか携わりたいな~ 
やっぱり病院大好きです。

ページの先頭へ

2009年11月14日

仕事は筋肉

ドラマを観ていたら「仕事は筋肉。毎日使わなきゃ衰えるだけ」というセリフに納得。
まったくその通り。
日頃使っている筋肉だって、ストレッチしたり負荷かけたりしなきゃ鍛えることにはならないし、まして使ってない筋肉なんてよほどトレーニングしないとね。
そうだよ、仕事は筋肉。

相手の話から自分の持っている知識って物差しにかけて、問題点を探って修正に向かわせる。
これはやはり日頃からの鍛錬のたまものです。
ブランク、確かに厳しいっすね。
保健指導とは根本的に違うんだな。
「できることから」なんて悠長なことは言っていられなくて、問題をしっかり聞き取る力も修正も大事。

毎日毎日少しづつアップしていけるのか、自分。
でも少しづつ鍛錬が大事。

他人は自分の筋肉鍛えちゃくれないから、自力でしっかりやるのみです。
甘えちゃいかんのだ。

仕事は筋肉。
言いえて妙です。

ページの先頭へ

2009年11月13日

プロフェッショナル

マイケルの映画を観てきました。
マイケルってプロだわ~とつくづく思い、もう彼はいないのかって悲しくなりました(涙)
生前特にファンだったということもありませんが、
圧倒的な存在感あったと思います。
色々と話題の尽きない方でしたが、唄が好き、踊ることも好き、骨の髄からエンターティナーだったのですね。
ブラボーです!

映画を観ながら病院栄養士の言葉とリンクすることがあって
「一回で覚えてちょうだい」という栄養士の言葉は、自分がそれだけのことをしているということ。
そして「こんなの素人でも書ける」というのは、あんたはそれでもプロか?
自分と同じ職種で同じ業務をこなす者として許せないという、そういうプライドというかプロ意識の表れなんだろうと思いました。
こちらもまた素晴らしいじゃないですか。
そして、私ってばダメじゃん。
やっぱり10年のブランクって大きい。
そして高齢のアルバイトってのも、それ相応の覚悟をもって挑むべきであったんですね。
無資格でできる仕事じゃないわけですから。

マイケルの映画に何かを触発されながら、帰宅の電車で1人反省会。
でもね、でも、どんなに本で勉強したところで私の力量では追いつかないような気がしていて、さっさと身を引くべきでないかという気持ちと、ここで歯を食いしばり三月までがんばれば、どこにいってもやっていけるんではないかって気持ちとが交互にぐるぐるでぐるぐるです。

プロであること、自分で責任のとれる仕事をすること、勤勉も潔さも大事。
でも根底にあるものって、人のために何かをって精神のような…
マイケル凄い。
病院栄養士も凄い。
そして私、やっぱ中途半端~
なさけねっす



ページの先頭へ

2009年11月12日

うむむ

今日はアルバイト辞めてやるっ!
って意気込んで家を出たのですが、バイト先についたら病院栄養士が
恐ろしすぎて言えませんでした。
朝一番で「素人でもこのくらいの報告書は書けるわよ!」と言われてしまい委縮。
今日の一番えぐられた言葉…
「まったく中途半端ね」

そう、そうなんだよね。
中途半端なんですよ、私。
離婚したいってするぞって思いながら、まだしていないし、子供のことも嫌いなのに仕方なく育児もやっているし。
すぱーんと割り切ったらどんなにか楽でしょう。

いや、仕事の話だったな。
あー、なぜにアルバイトをこちらに決めてしまったのでしょうか。
もう私は病院では通用しないってことが嫌ってほどこの二日で体感しているのに
「無理なんで辞めます」って言えなかった。
ヒステリックに怒鳴っている声が怖くて、言えなかった。
来週こそ辞めますって言おう。
もう嫌なんですよ、ヒステリックに怒鳴られながら仕事すること。
だったらきっちりやれって思うんですが、相手の望むようにはできません。

報告書は病院すべて違っていて、保健センターと病院も違っていて…
保健センターでは「来所」だが病院では「来室」でいいそうな。
「調理担当のお嫁さんに交換表食事配分を提示の上指導」→「調理担当嫁に~」
でいいそうですだ。
すいません、私にはそれこそどうでもいいような気がしてしまいます。
わからない。
でも、よくわからないのが、それでも栄養指導を入れるってこと。
入れなきゃいいじゃん、今週やってみてどうだった? くらい聞けばいいじゃん。

と、思ってしまいます。
月曜日こそ、月曜日こそ 辞めるって言ってやる。
生まれて初めての体験です。
相手が怖すぎて何も言えないって、しかも辞めるって言えないって。

ページの先頭へ

2009年11月11日

あちらとこちらと

今の最大のストレッサーであるアルバイト先の病院栄養士について考えてみた。
・完璧主義
・ヒステリック
・過剰責任感
結局自分の思い通りにことが進まないと気が済まない、60点は0点と同じか、それ以下と考えるタイプなんではないかと。

となると、私のとる道は
①逃げる→辞める
②やること完璧にこなして、彼女とひたすら距離を置く
のどちらかしかない。
質問は一回だけ、何かを教わるのは一回だけの世界で私は覚えきれない。
まして電子カルテなんぞ…
栄養指導のことなら、色々と自分で考えながら勉強しながらやることができるけれど、電子カルテだもの何か下手をすると大変ですだ。
ここは怒られてもわからなきゃ聞くしかない。
でもここで相当絞られるというか、ヒステリック対応。

私が通常に働いていた20代でもこんなヒステリックに怒られたことがない。
「1日目にしては、酷過ぎる。初めてだからって甘えないで! 一回で覚えて!」
なんて初日から言われたことがない。
そういう気持ちもわかるけれど、でもね、仕事さえできればって大事だけど
職場の空気ってものも大事なんではないか?
大変な仕事だと思う、思うからこそ同僚ならばいい雰囲気を作ればいいのに
DMに○○ってどうでしょう?
なんて質問しても「自分で考えて」
って、昼休みの世間話もなし。
昼はひたすら、もくもくと食事済ませてみんな机に座ってる
それ、楽しくないじゃん。
いやいや、患者さんへの栄養指導には楽しいというか、やりがいというか
そういうのありますけれどね
なんか、なんか、職場的にかなり古風といいますかなんというか
はっきりいってかなり空気悪い。

明日次第だと思うけれど、首でいいから。
明日できるだけやってそれでもヒステリック対応されたら総務局行って
「私は現職の方のように1回ですべてを覚えられる能力がありません」
と言って辞めてこようと思います。

仕事へのやりがいも大事ですが、もうですね怒鳴られながらやりたくないですよ。いい年して何ですが、怒鳴られると委縮してしまい、ミス連発しそうです。
というか、初日からヒステリック対応ってついて行く気おきません。

上司は感情で怒るのやめて欲しいです。
怒るなってことでなくて、感情は抑えて要点だけ注意してほしいものです。
そして初日はやはりわかりやすく教えて欲しいです。
私の飲みこみの悪さには、能力の他にも教え方にも問題がないとは言えないはず。
自分が普段やっているようにPC開いて「ほらここがこうだから、こうするの」
って素早くクリックして次の画面に行かれても、全然わかりませんから。
教えるのが手間なら、マニュアルでも作って渡して初出社日までに頭に入れてきてと伝えるべきでは?
とは、こちらの要望ではありますが。

その点、これまで頂いている仕事の会社すべてが、社内コーチングうけているせいか雰囲気良いです。
一回でとはいきませんが、それでも「できるだけ早く覚えなきゃ」って気持ちで
働けて3回聞くまでもなく覚えられました。
もちろんマニュアルもあります。

あーー
あんな江戸時代みたいなところ、嫌だな~
働いている人みんな、なんだか変な感じ。
明日で明日で辞めてやる。




ページの先頭へ

2009年11月10日

朝から なんのインネンでしょうか!?

朝、窓を開け網戸にして掃除をしていました。
我が家の王子は窓にベターっと体を預けて箱座りで外を警視するのがお仕事です。
しかし…
フギャーッ! ウゥ~!!
と威嚇声に我が家の王子を見たら固まってる。あらま、あなたでないの?
外を見たら、ネコちゃん…とは言い難い大ぶりなボス! (ラグドールかな?毛ぶきがとても良く密集していて、8kgくらいありそうでした)
私のことなど視界に入らないのか、入っても関係ねぇって感じなのか
ドスドスドス(ほんとにそんな感じ)と歩いてきて、網戸に前足をかけ
ウギャーオォーーーーッ! ウギャーオ、ウオーーー!!
と、ものすごい怖い。

おぉーーー
インネンつけてくるですか??
戸建ならではですな。そうかそうか、ここはキミの縄張りですかい?

玄関に周り「おいで」と声かけてみたら、あっさり近寄ってきて頭突き攻撃。
なーんだ飼い猫かって体に触ったら「ウニャニャギャ(触るなよ)」ガブとあま噛み。
体には触られたくないけど自分の匂いはつけたいわけなのね~
男の子だとばっかり思っていたのに、女の子でした。
怖い、怖すぎる!

この女番長、庭の隅から30分ぐらいはこうして我が家の王子にガン飛ばしてました。

で、我が家の王子なんですが、意外なことにびびりもせず…
彼女が動くと「シャー」っと小さく威嚇するのみで、私が触ると「ニャ~ン」と甘えた声を出し普段通り。
日頃からのんびりまったり物事に動じない子ですが、猫同士でもそうなのか
ますます愛しいレミータン。
どーんとした感じが大好きです。男子たるもの、威風堂々コレ大事。
キミの1.5倍はある女番長など相手にせんでよろし。
あのこはさしずめ和田アキ子、レミータンは滝沢秀明か小池鉄平だな。
レミータンは面白可愛くいればよし。

レミー見慣れているせいか、色々なパーツのすべてがビッグでど迫力。
いやいや、アッコちゃんもアッコちゃんで(すでに勝手に命名)十分魅力的!?
ごめん、まだ私は怖いけど。
まぁそれはそれでアッコちゃんもいいよ。

レミータンもいつか嫁さん欲しいな~
でも、嫁さんにとられるのは癪だな~
実の息子にはわかない嫉妬が猫にはメラメラと…

ページの先頭へ

2009年11月09日

どうぞ首にしてください。

今日は初の病院復活日。

しかし、失敗の連続でした。
強敵は電子カルテです。
電子カルテのどこをどう開けばいいかってことに振り回されていました。
先週も先輩栄養士に色々と聞いたものの、まったくどことどこがどうなっているか不明なんです。
それで、うんと時間がかかってしまったら
「初めての日だからって甘えないで。一回でみんな覚えてきているんだから、何回も聞けると思うのが甘え以外の何物でもない! 一日目は酷過ぎる。これからもっと能率よくやることを考えてちょうだい!!」
と、皆さんの居る前で怒鳴られてしまいました。
ごもっともです。
お金もらう以上は自分と同じことを同じような時間で流れていかねばおかしいでしょってなもんでしょう。
甘えていました、私。
始めからうまく出来る人なんかいないって思っていました。
でも、大間違い。
気を入れなおさないと。

怒鳴る方も嫌だったことでしょう。

でも…
何度も根気強く教えてくださっていた先輩までもがとばっちりで
「あなたも何回も教えるから覚えない。一回でいいのよ!」
と怒られてしまった。

かなり教えてくださった先輩に申しわけなかったのです。
そのお詫びもできないままに、帰宅。
そして帰りが遅くなった私を待ちわびて泣き叫ぶガキ1人。
ご飯作ってお風呂入って…

あーーーーーっ。
私の選んだ道は、皆さんのご迷惑にしかなっていないのか。

一日目にして撃沈。
一回で電子カルテの流れ覚えて、入力しろなんて無理でした。
能力以上のもの要求されても無理なんです。
一か月も二カ月も聞いていたら、そりゃ問題だけど。
あ、でも、これは甘えなんだよね。

あーーーー
どんよりめげ色。
能力足りね~
あの栄養士すげ~っ
やっぱ、病院栄養士すげ~じゃん。

え~
木曜日が辛いです。
こんな道を選択した自分を呪います。
いっそこの次に行った際には首勧告でもしてほしい気分。
もちらからはやめるなんて言えないよ。
だって3月一杯、あとちょっとだもの。
自分のバカバカ。

ページの先頭へ

2009年11月07日

なんだかんだで気忙しく

色々と書籍をひっぱりだし、アマゾンで注文しおさらい中です。
「栄養士ってそんなに大変なの?」と言われる方もいらっしゃいますが
病院に勤める栄養士はカルテ読めないと、検査値読めないと、疾病についての
原因から検査~治療法~栄養療法までと広範囲に知っておかないといけません。
この5年、メタボ系と保健センターでの栄養指導のみですから、一通りおさらい中です。
でも、若い頃みたいに頭に入らない。
トップ栄養士はキャリア10年ならば「そのくらい出来て当然」と考えているはず。(私ならそう考えて採用する)
ブランクなんて、甘いこと言っていられない気がします。
二番目さんか言うには「キャリアもあるんだから、書類の書き方や栄養指導の方法について教えなくてよい」ということです。
一通りの流れを教えて頂くくらいで、あとは自力でやれということですね。
それって、一回教えたらさっさと覚えろってことっす。
きびしい。
これが20.30歳ならね、扱いは違うんだろうな。
多少の甘えも許されるんかもよ。
でもさ、私には厳しいよ、そりゃ、当たり前だ
十分にわかっています。

でも院内略語わからない。
「Lmy」って何だ?
カルテ略語みても載っていないし、案外病院によって違うこともあるし
困ったな。これは教えて頂こうか。

電子カルテが厄介だな。
PC扱いに注意しなきゃ。

月曜日からだけど、今からキュキュと引き締まる気持ち。
心地よいような、やめときゃ良かったなと思う気持ちやら…

ページの先頭へ

2009年11月04日

胃がしゅくしゅくと。

今日はアルバイト先にてPC電子カルテというものをいじらせて頂きました。
一発で覚える人がいるなら教えてくれ! と思いましたが、じっとこらえて。

何やらトップに気を使いながら仕事をしている状況で、どうでもいいところに
気を使わねばならぬようです。
まぁ、そういうのどこでもあるな~
仕方ないか

地雷を踏まぬように気をつけたいと思いますが、もう踏んでいるかも?
わかりません。
あー、昔もこういうのあったな~
と新人時代を振り返りつつ、アルバイト決めたことに後悔。
まぁいいか
まぁいいよ
何カ月でもないわけだから。

それより本業の栄養指導のほうをしっかりやって、結果を出したいものです。

ページの先頭へ

2009年11月03日

これまた想定外

ツベルクリン反応ですが、四年前にやった健康診断結果を探したら
昔も強反応でした。
なーんだ、昔から強反応じゃん。
問題なしでしょ。
でも、一応は健康診断結果提出時に「なんだかわかりませんが、昔から強反応です」と付け加えたら、「あとは産業医の指示でいいです。レントゲンもきれいだし」ってあっさりしたもの。
そうかそうか。排菌してなきゃとりあえずOKか。

で、息子なんですが、息子は息子で副鼻腔炎でした。

あーよかった。

でもな~
ひとつだけ、不安なことがありやんす。
病院アルバイト、決まりましたがトップは誤解されやすいかもしれないが
竹を割ったような感じの性格? あっさりしたもの。
でも二番目が(病院栄養士二人しかいないけど)、なんだか怖いな~
ニコニコ笑顔なんだけれども、私が入ることを知らされていなかったようで
「私は○さん(→現職さん)がいれば十分なんだけど」「私が教えるのはいいけれど、やり方が皆違うから、○さんに聞いた方がいいです」
ってな感じで、ニコニコ笑顔なんだけどね。
きっとこの方は自分が全面にでるパワー的な栄養指導するんだろうな~
若いみたいだから、仕方ないか。
トップの方はそこそこ相手のペースに合わせた話し方をするんだろう。
なんだか、特定保健指導の仕事をしてから、あまりパワーな話し方をしなくても
相手には伝わるな~と思うようになってきた。
病院の栄養士さんは何故か偉そう(自分が栄養士領域では一番的な)視点を
感じるのだけど、今回はトップの方はそうでもなく、若い二番目がそんな感じ。
こういうタイプにはご用心だな、私こういう人苦手、というか嫌い。
嫌いにならんように接点を少なくしようかと。

自分が全面に出るパワーな栄養指導じゃなくて、やはり行動療法なんではないかと私は思う。
できれば認知行動療法にのっとって、ご自身で考えて欲しいと思う。
一回当たり20分の保健指導と違って、1人一時間もかけてよいわけだし。
馬鹿にされることもあるけど、パワーが通じない保健指導をやってみたらその辺
わかるのにな~と思いました。

モチベーション激しく高い病院の栄養指導は、患者さん自身が検査値を読めること、が自己管理の第一歩であり、色々なことの根幹になると思うので、私は
そこから考えを変えてもらいたいと栄養指導に望みたいですね。(高齢の方には無理な場合もありますが)もちろん、何をどう食べたらいいか、というのも大事ですが。

産休の期間限定だけど、職員と喧嘩しないようにやります。

ページの先頭へ