ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2010年10月30日

強いということ

怖いもの知らずとは、いいことでもあり、恐ろしいことでもあり。
子供をみると、怖いもの知らずであることが次の挑戦にもつながり
そして勇気だったりして。
大人になると、怖いものへの挑戦が少しづつできなくなります。
大人がってことじゃないのか、私が怖いものをできるだけ避けたい気分だからか。

そういうのを持ち続ける、知っていても恐れないで挑戦し続けるって人はすごいぞ! と思います。

自分をばっかだな~と思いますが、世の中の皆さんが賢くなりすぎているような気もするし…

色々なことがあるなぁ~

でも、生きていかなきゃいけないな~

ページの先頭へ

2010年10月30日

夜の炭水化物

炭水化物=すぐに燃えるエネルギー源になるわけなんですが
活動量の少ない夜に、特に深夜に食べること、しかも物凄く食べてしまったら
あまった糖質は脂質に変わるわけなんです。
おしょろしい~

しかし、昨日、夜中にインスタントラーメンを食べてしまいました。
おしょろしい~

しかも、スイスロールというお菓子も食べてしまいました
おしょろしぃ~

怖いです、怖いです、体脂肪。
でも、やっぱり食べたい。
麻薬的に食べたい!

ページの先頭へ

2010年10月28日

深夜の

深夜の痛みほど、ドキドキするものはありません。
お腹が痛くなりトイレでうずくまりながら
死んだらどうしよう!? と思うのです。
そして、私が倒れたら子供のご飯がないからがんばらなきゃ!とも想うのですが
痛みには敵わず…
しかし、通常は1時間もすれば収まるわけで、痛みというのは喉元過ぎれば…
ですね。
でも、深夜たった1人で痛みと戦うのは心細い。
子供がいると、なおさら心細くなることも。

婚活しようかな、と魔が差す深夜の激痛と戦った翌日なんでした。

ページの先頭へ

2010年10月25日

ホタルの墓

BSでホタルの墓の実写版映画をやっていました。
子供と観て泣きました。

あのような生活よりも何倍もマシである今、色々なことに満足しなくては
いけないな~と思う今です。

ページの先頭へ

2010年10月24日

海に山に行きたい!

1人の日曜日、海に行きたい!
山に行きたい→特に山に行きたいです!!

でも…
仕事があり、いけません。
ストレス溜まっています。

ページの先頭へ

2010年10月23日

魔の刻に・・・

今日は仕事が夜に集中してしまい、食事がイマ(23時20分)です。
22時以降の食事はコレステロール値を上げます。
体重も増やします。
夜は遅いほどに飲食を控えるべき、特に糖質、脂質は。

しかし、こんな時間に発泡酒&餃子食べています。
いいのか!?
良くないよな、でも餃子おいちぃーーーーっ!
幸せです…が、体重怖い。

今日だけ、今日だけです。
神様 許してください。

えぇっと、でも、私のTGは48(かなり低いです)LDL68(低めです)
日頃節制していますからね。

明日ちゃんと消費しようと思います

ページの先頭へ

2010年10月21日

パワースポット

お仕事を頂いている会社の方が、ある山で出会った方とご結婚に至ったそうです。
すばらしいっ!
山はパワースポットですね。

私も雨のせいか意気消沈しているので、この週末は時間があれば
山へくりだしたいと思います。

鎌倉もパワースポットですよね。
大好きです。

ページの先頭へ

2010年10月20日

仕事の詰まった午後ですが

仕事の詰まった午後ですが、なんとかピークをぬけ
ほっと一息。
アイスが美味しいです。

ちょこっとテレビを観たら、あまり面白くもないものが増えた感じ。
なんでしょうね、最近のテレビは。
でも、医龍は観る。
医龍3に期待しています。

母子家庭、1人親への援助について資料を見ていたら
看護師資格の取得を応援的な支援もあるらしいです。
保健師に魅力を感じているので、いいなぁ~と思います。
でもさ、育児はどうなるの?
その間の生活費は?
育児はともかく、貸し付け制度があるようです。
いいなぁ~
栄養士より、看護師の方が稼ぎもいいし、精神科ケアとか移植コーディネーターとか道はあるような…

栄養士に行き詰ったらどうするんだろう~と考えてしまう事もあるので
そういう道も少しいいな~
と、言っても現実的ではない話なのですけれどね。

ページの先頭へ

2010年10月19日

ファミリーシークレット 柳美里

自分が虐待を受けながら、嫌だと思いながらも自分も虐待をしてしまう
という話を書いていらっしゃいます。
まるで私のことのようです。
年齢も同じで、なんでしょう、色々と共感できる内容でした。
彼女はこれを書く=吐きだすことで昇華して前に進めたのでしょうか。
進んで欲しいなと思います。

そして私も前に進みます。
色々ありますが、生きるか死ぬかしか答えはないので
とりあえず、生きるだけ生きていきたいと思います。

ページの先頭へ

2010年10月17日

悔しい時

高いお金を支払ってまずい物を食べた時、私は無性に腹が立ちます!
このじぇにを稼ぐためにどんだけ労働したことかと思うだけでしゃくにさわるのです。
なぜ、高いお店では平気でまずい物を出すのか!?
胸くそ悪くなります。
店主にはっきりと『まずいですよ、これはどうしたらこのような味になるのですか?』と言いたくなります。
言ったことはないですが。

あと、いかにも素人さんが作り上げたお店的な雰囲気で
素手でゆで卵剥いてたり、話をしながら物を作っているところなどを
見てしまうとがっかりします。
衛生観念がまったくないということになり、げんなりしてしまうのです。
イライラっとしてしまうのです。

罪な職業病のようなものです。
しかし、これは同業者にのみ通じることで、一般人とは
共有できないようです。
「なんで? 家で母さんがゆで卵むくなら素手じゃん」
確かにね、そうなんだけどね、素手っちゃうもんは色んな菌がいる。
母ちゃんは家にしかいなきゃ、家の菌だけ。
店は違うでしょ、色んな接触があり、色々な菌が…
あぁ、理解されない…
なんと悲しいことでございましょうや。

まぁ、いいか。
とにかく色々とイライラする店が当たり前にお金をぼったくる感じが
嫌なんですよ
イライラするです。

あと、想っている人に想われていないと感じた時も
非常に悔しい…というか、これは切ないという表現がぴったりですね。
切なくなり、落ち込んだ後にイライラとします。

いずれもイライラするだけ無駄なんですけれどね。

ページの先頭へ

2010年10月16日

ミジンコの美しさ

小学校の高学年だったでしょうか?

理科の時間、はじめて顕微鏡を使った時ドキドキしましたよね?

口の中の皮膚とか、玉ねぎの薄皮とか。
一番は近所の池、泥沼の水滴の中に生きたミジンコ、ゾウリムシ…
そういうの見た時には、ものすごく嬉しいというか、感動したというか
なんていくか、ワクワクというか。
カビとか、この世にはミクロやマイクロや極小の中にも生物が生存する
ことがとても心震えるというか、すごく衝撃的ででもワクワクすることでした。

ゾウリムシは顕微鏡で見るとペイズリー柄に魅かれて
親に顕微鏡を買ってくれと言ったら、ぶん殴られ、兄に鼻で笑われました。

子供が今、まさにそんな感じで、色々なことを知ることが
楽しい様子で、特に算数に対してそういうことで、算数嫌いの母は
とても困ったちゃんなのでした。
どうして分数ははじめから小数点で計算しないのかとか
スーパーで買い物する時には、マイナスだったら買えないから
マイナスの世界はあり得ないのにどうして計算するのかとか
トランプのゲームの勝ち負けの勝率をどうやったら計算できるのかとか
母はかなり困ったです。

なんで算数以外にしてくれなかったんだろう??
母は単純なエネルギー計算とか、塩分の%計算くらいしかわからん。
きっと、オセロも将棋もトランプも、もしかすると数学的世界で勝率を
明確にすることができるのかもしれません。
しかし、母はわからんのよ。
苦肉の策の答えとして
「そういう疑問は自分で答えにたどりつくことで、はじめて納得できると思うのでっ自分で答えをみつけてごらんよ」
と逃げ口上。
教科書に載っていないようなことばかり聞いてくるから困るです。
でも、そういう発想はとても大切にしてやりたいと思う。
しかしそれを伸ばすことというのは、案外と難しいような気もしている。

ただ、そういう子供を前にして、はじめて見るゾウリムシの美しさ
ミジンコの可愛さ、生きているんだ~と感激した想いを思い出して
なぜかワクワクもしています。

ページの先頭へ

2010年10月13日

工夫次第で

今夜の晩御飯
・豚肉のトマトソース煮
・きゅうりとわかめ、青柳の酢の物
・野沢菜漬け
・ご飯
・みそしる
・梨
でした。
贅沢に満腹です。
豚肉のトマトソースがめちゃくちゃ美味しかったです。(自画自賛)
わがまま言うと、パスタかパンでもよかったかな~

トマトソースなどはトマト缶とセロリが特売の日に買いだめして
作り置き冷凍です。
ジップロックに入れて薄く冷凍すれば割って使えます。

母子家庭でもまだまだ、こんな贅沢しています。

みんな、母子家庭にはカップめん一個を2人で分け合うみたいな
美談を望むと思うんですが、今はまだがんばって生活水準を維持しています。
嘘です、安い肉を使っているので安いです。
手間かけたら安くても美味しく食べられます。

美味しくご飯は食べたいです。
今日も新米を買いに安売りスーパーへ行きました。


ページの先頭へ

2010年10月12日

視点

天才と凡人の違いってなんでしょうか?
努力に勝る天才はなし →それもそうかもしれません。
でも、努力などしないのもまた天才だったりして
なんだろううな~って考えていると、やはり「視点」
目の付けどころが違うのでしょうね。

同じことをしていてもどこか違う、皆が見落としている点を
見つけ出すというのは、素質ですよね。

となると天才とは訓練でもなれるのか??

最近、日々の労働に追われ過ぎて「金銭」対策で
自分が何をやりたかったかなんて考えられなくなっています。
でも、それではこれまでのことが無駄になってしまうので
少しがんばって時間作らなきゃ。
天才にはなれずとも、自分にできることはあるはずで…

ページの先頭へ

2010年10月10日

収穫

ミニプランターで育ててきた小松菜が、立派に育ちました。
明日にでも子供と味わおうと思います。
ベランダの限られた日当たりで、虫もつかず立派に育ちましたよ。
素晴らしいっ!

子育てもこんなに簡単ならいいけどな~
色々と手がかかりますね、子育ては。

数時間空き時間がありそうです。
ゆったりのんびりしたいと思います。
図書館行って、少しのんびりしようかな
買い物もしたい…
まずは洗濯物干さないといけないか。

ページの先頭へ

2010年10月06日

女性というもの

世の中、ジェンダーフリーとは言っても男性社会、女性社会があると思います。
男性社会は駆け引きで、女性社会は緻密に計算された社会のような気がしてきました。

ママ友達って計算がかなり入っているらしいです。
私はそういうの得意じゃなかったので、なんかショックではあります。
が、しかし、それは生き方の癖みたいなものですから変えようがないです。

このまま突っ走ります。

ページの先頭へ

2010年10月05日

美学

素敵なモノ、人には美学があるように思います。
仕事のやり方やデキる人にも美学を感じます。

混雑とした中で仕事をし、進めていくのって美しくない。
仕事こそ論理的に整理して進行して行くべきだけど、
それでも論理的に進めるために人とのコミュニケーションは大事。

私は美学を持って仕事をしたい。
専門職だからなおのこと、論理的に。
美しいか、美しくないかは かなり重要だと思う(かっこうがいいとか、悪いとかの問題じゃないですよ)

ページの先頭へ

2010年10月03日

財産です

午後、仕事の合間におむすびを持ってちょいと遠目の公園へチャリ走。
芝生にシート敷いて、日傘開いて顔は紫外線ガード。
で、江國さんを読み読みゴロンと横になって、時折すわっておむすびを
ぱくぱく頂きました。

芝生、木、草、時々きんもくせいの匂いが脳を刺激してかなりのリフレッシュになりました。
数時間でしたが、幸せなリフレッシュ時間でした。

ベランダご飯も大好きです。
空、月、太陽、雲、木、自然は大事にしたい財産です。

あー、夜ごはん作らなきゃ
夜の部、仕事もしなきゃ~

1品できた!

ページの先頭へ

2010年10月01日

老健

今日は老健のアルバイトに行きました。
若い人が多くて刺激的でした。
でも…
400床の病院にいたので、正直物足りない!
人員の多さが目につく、などありゃりゃって思ってしまいました。
やっぱり病院が好きです。

でもな~
じゃにのために続けるのかな?
この1つきは考えてみようと思います。

はっきり言って、献立作業のためだけにアルバイトとはいえ週三回は
使わなくてもいいんじゃないかと勝手に思っています。
私なら使わない。

また管理する側の視点になっているけど、余計なお世話にですね。

ページの先頭へ