ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2012年01月30日

毎日忙しい

外に仕事に出るようになると、なんだかんだで色々と忙しくて・・・
子供との時間が減ってしまったです。
色々と大変ですなぁ~
ま、我慢我慢。
お給料の安定がなによりですもんね。

ページの先頭へ

2012年01月26日

ふふふ

今の賃貸マンションの近くの中古オンボロマンションのローン審査通りました。
あとはフラット35の基準が通れば、35Sというのを通すようなリフォームをするようにして…
こここ購入です。

昭和62年築の中古なんで、一千万円台です。
これで今の家賃よりも安くなります。
地震が懸念されるこの時期に買うことが良いのか疑問も残りはしますが
とりあえず、子供の学校が変わらず安心できる場所、そして今よりも広い家
ということで…
物件のフラット審査、通りますように。

ふんふんふん♪
リフォームを考えると楽しいですね、中古だけどね、中古だけど…

「チュウコってママのことみたいなもの?」by大明神

そそそ、そうだよ、中古ってのは中が古いってことなんだよ
でも化粧すりゃ少しは若返るでしょ?

「そういうのあつげしょうっていうんでしょ?」by大明神

ぐぐっ…
さすがですな、大明神殿。
二拍二礼

ページの先頭へ

2012年01月25日

直訴

お偉いさんに直訴してみました。
管理栄養士で採用して欲しいって直訴してみた、事業の企画書添えて。
さてさて、どうなることやら。

まぁ、あとは野となれ山となれです。

やはりね、餅は餅やですよ。
あ~ぁ、やれやれ。

ページの先頭へ

2012年01月23日

直訴

やはり私にはソーシャルワークなんつうもんは無理です(涙)
なんで、栄養士で採用してくださいと施設長に直訴しましたよ、返事はまだだけど。

首でもいいです、この早い時期なら。
今までの取引先さんに頼みこんで、お仕事復活して頂きます。
馬鹿だよ、馬鹿な私だよ。
でも、軌道修正は早いうちだよ

ページの先頭へ

2012年01月15日

お休みをお休みとして利用した

今日は久しぶりにお休みをお休みとしてお仕事せずに過ごしました。

隣町に買い物に行くと、バーゲンセール♪
お洋服をみていたら…
「只今から50%オフがさらに30%オフです」
という言葉に惹かれて、衝動買いをしてしまいました。
チュニックセーター 2着
タートルセーター 1着
タンクトップ 1着
これで4950円。
すごいですよね、2割の値段で買えましたもんね。
(それでも、利益でるような仕組みがあるのでしょうけれどね)
で、イイ買い物ができたな~

タンクトップは日頃お世話になっているお友達にお礼のつもりで購入。
あとの三枚は自分用。
ふふふ

そして、食品を買いに商店街へ。
商店街で2回もこけてしまったことが気になっています。
1回は段差、2回目は車に荷物を詰め込んでいて尻もち・・・
どうしよ、私の脳みそおかしくなってないか?
大丈夫か?

なんだか天国とどんよりを味わった今日一日なんでした。
平和です。

ページの先頭へ

2012年01月14日

丸裸

特別養護老人ホームでお仕事しはじめて3日。
認知症やら、様々な問題を抱えながらいきていらっしゃる方々を支えるお仕事です。

まずは入所者の方々の御顔とお名前とエピソードとを頭に詰め込もうと
ユニットにできるだけ入るようにしています。
できることは、お食事の介助と、つじつまの合わないお話をうかがったりする程度。

初日は「栄養士さん」と声が聞こえると反応してしまうのですが、
それは私じゃないのです。
それが少し悲しくもあったりして。
でも、時間を重ねるごとに…
丸腰の人間というもの、無防備な人というものをみているような
なんとしても、保護しなくてはという気持ちになっている自分が不思議です。
なんにももっていないんですよ、何にも。
お金で物を買うという記憶があれば良い方で、ゴミすら口に入れてしまうという方もいたりして。

その中にいると、私ってばなんて俗物なのでしょうかと思ったりもします。

人間というもの、人生というもの考えます。
栄養士だから、とかそういう問題なんかどうでも良くなってきて
私はただその人たちの輝いたはずの人生を掘り起こして、人としての尊厳を守りながら最期を迎えて欲しいと思うというか…
それは綺麗事ととらえられてしまうのかな。
私は介護を知らないから言えるのかな…

無防備な人を前にして、自分を振り返る時、今持つもののすべての価値が変わりつつあります。
おしゃれもしたい、自分のアイデンティティを見出したいという気持ちはまだまだあるのですが、でも、だからってそれが何なんだ?
人生最後の時に持ち合わせていたい私の記憶ってなんだろう?
それはまだ私にはないのかも? 
自分のことを丸裸にしたら、今はまだ何にも残ってなんかいない気がする

ページの先頭へ

2012年01月14日

色々と思うところあり…

今、栄養士の仕事がとても楽しいです。
いえ、以前から大好きな仕事ではありますが…
このたび、ソーシャルワークという定職を持つこととなり、
栄養士の仕事がサイドワーク的になってしまい、でも、それが
これまで以上にとても楽しいのです。

本業でどっぷりとつかっていた頃には思いつくことさえなかった
クライエントの気持ちとか、何よりも365日ずっと仕事みたいな感じだったのが
時間から時間の仕事になり、あまりパソコンを使うこともなく…
はっきり言って、今は楽なのです。
らく、なのです。

そうなると余力のすべてが栄養士業務にと。
そして、やっぱり私は専門職が沁みついていて、そういう頭の使い方とか
そのためにため込んできた知識やら経験というものが活かしたいのだと。

今、新しいことをしているから、仕事では何がなんだかわかっていません。
でも、新しいことを学べる面白さもあり、これまでの経験を活かせる仕事も
少しだけ抱えていて、それはそれは幸せなのかもしれなくて、
色々なことに感謝したいと思うのです。

体調も心配だったけど、大丈夫。
毎日パソコンとにらめっこしているよりも、ずっといい。

ページの先頭へ

2012年01月10日

始動

今日から子供の学校が始まりました。
いやぁ、今年の冬休みは長かったなぁ~

で、私は明日から始動開始です。
謙虚に謙虚に…
でも、栄養士の仕事じゃないから時間で働かせて頂きます。
自分の時間はしっかり確保して、栄養士の仕事をして育児も…
少し欲張りかも。

今日のうちに確定申告つくっておかないと…とはりきってPCの前にいるのですが、
レミーも違う意味でPCの前、いえ、上にどっかりと。
不思議な事に子供がいないと、ものすごく甘えん坊のちょっとやんちゃ風になります。
まぁ、愚息と比べると鼻で笑っちまう程度のやんちゃというかいたずらです。
愚息のすることは、イライラしますがレミーのすることっていえば笑ってしまいます。
ぐわぁ~かわいい~

さて…
テレビをみていて感じたことを1つ。
なんちゃら48ってな大人数のアイドルですが…
こちらの方々は、極々普通のお嬢さんたちが頑張っている姿をメディアにさらけだし、彼女の苦悩を丸ごと含めて売っているのですね?
私の頃のアイドルと言えば、苦労なんかしていませ~んて涼しく綺麗に可愛くしているイメージで、そういうの見せない美しさとか潔さとか…
寝起きのテレビですら、化粧しているのがアイドルだと思っていました。
是非を問うているのではなく、極々普通のお嬢さん方が、限られた枠である
アイドルという括りに入ろうとしている努力とか苦悩とか、
そういうのをしらしめる…
ふーん、そういう時代なのですね。
顔とか容姿とか芸事とかでは売れないから、そういうものひっくるめて売る
そして、とても1人じゃ無理だから大勢で売る…
そういう時代なのですね。
私達の頃にも、おにゃんこがありましたが…
うーん
これ以上、言いますまい。

ページの先頭へ

2012年01月08日

復活

ちょっと体調を崩し、復活しました。
あっという間に一月も1/3終了ですね。
早いですね…

で、私は今週水曜日から新たなお仕事が始まります。
これまでのお仕事、ボリュームダウンしながらも継続できることが幸せです。

健康であること、お仕事があること、家族がいる、友達がいること
こういう当たり前のことがとてもとてもとても大きな幸せですよね。
気がつくの遅いでしょうか…

まだ始まっていないので、新たな生活がどんな感じになるのか…
きっときっと良いものに!
と、思う一方で謙虚に行こうとしっかりと戒めようと思います。
謙虚さは大事ですよね。

(コメントが付いていたはずなのに、消えています…ごめんなさいね、コメント下さった方。体調崩していたのでお返事もせず…)

ページの先頭へ

2012年01月04日

記録です。

こちらのブログ、六年目に突入です。
すごいです。
日記なら、こんなに続かないかも…
そして、公私ともに色々とあったこの六年。

少しづつ、前進しているじゃないか!
がんばっているじゃないか、自分!

今年もです、今年もこの調子で進め、進めです。
ただ、今年は少しゆっくり行きます。
そして今年もたくさんのことを学び、仕事に生かしていきたいと思います。

決意も新たに、がんばる、今年。

皆さまも、お仕事はじめでしょうか。
がんばりましょう!

ページの先頭へ

2012年01月02日

死んだら食べたい・・・by大明神

昨日、愚息が帰宅。
いやぁ、五人分五月蠅い…
まずはレミーをがっちりフォールド「会いたかったよぅ、レミー」
男前なレミーは、そうでもない様子ですが、まぁ許してやろうかってお顔。

「ママ、レミーが死んだら、レミーの足のとことか食べたい」
えーーーーーーーーーーっ!?
なんで? なんで食べるの? 猫を食べるの?

「もしも死んじゃったら、少しでも食べておけばオレの体になってレミーがずっと一緒だから、レミーが死んじゃったら少し食べる、ずっと一緒にいたい」
うっ…

いかがなものですか?

私にはそういう発想ってないのですよ。
父が死んだ時もそんなこと思わなかったし。

そういう発想って男子ならでは?
それとも、この子ならでは?
情の深い子? 激しい子?
それとも、普通の男子の感覚?

新年早々、子供の発言について考えております。
恐るべし大明神殿、二礼二拍一礼

ページの先頭へ

2012年01月01日

謹賀新年

父の田舎に行っていた愚息が舞い戻ってきます。
今年は、おせちをやらないことにしていましたが
「今日、帰るから。家で綺麗なお弁当箱で食べたいから」
と早朝から電話あり、急きょあり合わせののものを料理して詰めました。

一応、写真でもとりますか~ってカメラを向けたら、
レミー君が!
むむむ~
ダメって怒ったところ、前足でほりほりし始めたので抱っこで撤退させました。

安上がりおせち~なんちゃっておせち?
一番高価なのは、この漆塗りの美しい重箱です。

ページの先頭へ