ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2016年05月26日

もう少し・・・


思ったより高校受験、大変。
子供ががんばればいいやって話ですまなくなっている。
中学校の進路説明会行ったら、
「学校の説明会、運動会など学校を開いている時にはぜひ親子で見学行ってください、連行してあげてください」
って。
ええーーーー
それって普通の事?
公立でも学校オープンで説明会とか、体験授業とかあって
神奈川はちょっと面白くて、特別な学校以外学区なし。
ええええーーー( ゚Д゚)

しかも、塾いかないと偏差値わからない
学校を絞り込むのは「ご自身、家族で」って!?
大抵、偏差値とか内申みて塾講師と相談をってことになるんだよな、これが。

子どもは勉強に、親は気力、体力、経済力が求められるわけよ
おっどろいたーーーーーっ!!

自分の頃とは大違いなんだよね
でもって、塾の講師曰く
「今は無理して高い高校行かなくても、そこそこのとこで1番になって指定校推薦もらって大学行くのがお勧めです。大学の退学率もその方が低いから、今後、指定校推薦が主流になるかもですよ」
ってさ。
この発言、すごいです。
つまりはもう、高校受験の時に大学決めてとりかかれってことでしょ。
でもって、どんどん興味のある学校に連行しろって
親も一緒にやってくれってことでしょ
なんだかなぁ・・・
思っている事をうまく書けないんですけど
親は親、子は子で自分の人生選んだらええんちゃうん?
なんでもおやひっくるめ過ぎちゃうん?

で、ちび雄なんだけど
まぁ、最近は勉強がんばってんの。
理数系だから、理数特に勉強すすめてる。
理科は塾で一番とれたの、これはほんとすごいの。
数学も一番とるんだって、がんばってんの。

でも、私が国語と理科しかできないので、
「数学ができる親が良かった」
とか、すっごく不満ぶつけてくんのね
まぁ仕方ないよ
こいつもストレスためてんだなって聞き流しているけども
こういう忍耐も必要だし、尻叩くのも必要だし…

でも、もう一息かな
高校はいれたら、ほんと、これでいいしょ、親はおしまいで。

ページの先頭へ

2016年05月12日

真実はどちら?


ちび雄に虫歯をつくらない!
という信念のもとに、歯磨きを徹底しておりました。
3歳まではまったく甘いもの、菓子類与えていませんでした
が、保育園で覚えた菓子にて、菓子は増えました。
それでも食べたらうがいをと伝え、甘い飲み物一切のませていませんでした。
が、中学ともなり友達と出かければ飲んでいたらしい。
うちで買わなくても外で飲んでる。
で、しばらく歯医者も定期クリーニングをお休みしてしまっていたのです
先週、若い女医さんにみてもらうと
「虫歯ができています。この歯は削って、もしかしたら銀歯になるかも、となりもあやしいです」
とな。
親子でかなーりショックを受けまして、でも、どこも虫歯らしい変色などもないのです。
で、本日院長先生にみて頂くと
「うーん、これは怪しいな」
レントゲンとって
「虫歯の前の段階ではあるかもしれないので、良く磨いてフッ素など自宅でやる必要ありですが、今日は削らなくてもいいですよ」
と。
納得いかなくて、院長にうかがってよかったっす。
歯は一度けずると、波及していきそうで怖かったのです。
あごの小さい子なので、歯並びはよろしくないのですが
ですが、虫歯ゼロは続けたい。
で、せんだての女医さん「ごめんね、虫歯じゃなかったね」
って子どもに詫びてきたそうだ。
虫歯じゃなかったからよかったと返し、許したらしい。

でもね、どっちなんだろう・・・とふと思った。
歯医者さんて、治療が仕事だからな。
院長が正しいのか、はたまた、インターンのような女史が正しいのか・・・
院長って経営者だからね、インターンが純粋に仕事に徹していたとしたら・・・と怖い事を考えてしまったら、何も信じられないスパイラルに陥る。
しっかりしあげ磨きして、やはり甘い飲み物は控えるようにして
フッ素ぬって、ひと月一回はクリーニングをする、これくらいが出来る事か。

ページの先頭へ

2016年05月10日

便利な世の中です

その昔は、どこかへ行ったらこれ! というような名産品が今は自宅で手ごろに味わえます。

昨日、となりのスーパーにて京都物産展やっていまして、仕入れてきました。
美味しいですよね、八つ橋。
大好きです、何個でも食べられます。

けれどもね、これって良い事?
良い事ですとも、良い事なんですよ…でも、なんですかね…
京都で食べる八つ橋のおいしさ、京都を旅した後の思い出などを語らいながらの八つ橋とはまた違うじゃないですか。
だから、ひと風味たりないというか……
八つ橋だけでなくて、各地の名産品とはそういう感じがしてならないです。
間違いなく美味しいですけどもね、ちょっと違いますかね。

すぐになんでも手に入る、良い事なのですけれどもね
って、やっぱり私年寄になってきていますかね。

ページの先頭へ

2016年05月09日

きょうび


きょうびの高校生男子、いい匂いがする。
手入れもしっかりされていて、雄々しいというより美しい。
こんなに美しい男子達…
ほんの少しの違和感があるのだけど、でも
クジャクの美しいのは雄だし、ライオンだって雄の方がかっこいい。
つまりは男子が美しく着飾るってのは本能でもあるのかも⁉️
正直なところ、私は筋肉ムキムキってのが苦手だから
美しい男子達って大歓迎なんだけど…
でもね、それって観賞用の話だな。

多少汗臭くても泥臭くても
必死で生きていたら、それはそれ美しい。

ちび雄なんか、汗臭くて蟻酸の匂いがする時もある。
バドミントンシューズのにおいなんて、はんぱない!
美しさのかけらもない。
おそらく生活力のない野郎に仕上がって行くだろう。
それなら美しさを・・・いや、無理だなぁDNA的に。
つまり、こいつは何の役にもたたん

美しくて、生活力があって・・・というのは、共存可能なんだろうか?

クジャクもライオンも雄は、雌に養って頂いているわけで…
ただ種目を残すってためだけに存在する?

なんといいますかね、昨日の話につながっていきますが
男性だから・・・
女性だから・・・
そんな時代じゃないのですよね

もはや、美しいというのはさ、性に対して用いるのは時代遅れで、野暮なのかもな。

あぁ・・・
年寄になりました。

ページの先頭へ

2016年05月05日

接待希望byちび雄

「接待希望」と書かれたメモ紙がリビングの机上にありました。
本人は部活の大会で不在です。
出かける前に置いて行ったのですね。

ああ? ああぁ…子供の日ね。
「いつもしてます」と返信のお手紙を机上に配置。

さてさて、帰宅。
「ああぁ・・・」
で撃沈でした。

毎日の贅沢は習い事をやめてからにしてと言われるのをよくご存知ですので
そのような事はなくなりました。

人生では、すべてのものは手に入らないの、何かを得るための犠牲も必要なのだよ
と、ほくそ笑む私。

ふふふ
人生の辛酸をなめるがいいよ。
すぐに大人になるのだからね、甘い汁ばかり飲ませるわけにはいかにゃーだよ
ぷぷぷ( *´艸`)

ページの先頭へ

2016年05月03日

朝から酷い事に。

えーっと・・・
朝五時におきましてね
ちび雄のお弁当をと台所に。
ちらしにぎりと鮭のおにぎり、それに芋がいっぱいあったので
ビシソワーズでもって思って取り掛かったんです。
コンソメで芋と葱と煮てあとはジューサーで牛乳もいれてと思い
スイッチポン!
回るごとにあふれだすでんぷん入りの汁が、壁と床と私にかかる。
ジューサーの蓋がよく締まってなかったのでしょうね。
悲劇が起きたのです。
でんぷん入って粘度あり、当然やけどっすよ。
腕と洋服越しに胸と。はずかしいですが、乳首やけどしました。
人生初です、そのような場所をやけどって、恥ずかしすぎます。
すごく痛いですよ、今。右腕と右乳首に湿布はってるんです、今。
しかも、朝から台所大掃除って…

人生には予期せぬ事があるのです、あるのですよ。
ちび雄がそれをみて、大笑い。
ちっ、朝から災難。
ちっとも三文の徳はなかったわ~泣
ああ・・・良い事ないわ。
あ、これ、笑い話として笑ってくれていいので。

ページの先頭へ