ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2017年11月30日

降圧剤で

私の動機は降圧剤で治まっています。
カテーテルとなったらどうしようかって思っていたのですが
やりたければ、やってもいいが今の段階では必要なしと言われました。
ああ、よかった。
このまま、不整脈がでないといいな。

で、ちょっと不安な心をすっとばすぞ!
とテレビを観ています。
韓国ドラマが面白くて、はまっています。
歴史ものがかなり面白くて面白くて。。。
「6龍が飛ぶ」というやつ、これ12月の14日からテレビ東京でも朝に放送あるようです。
興味わいた方、ぜひ。

ページの先頭へ

2017年11月25日

不安です

更年期なのか動悸がすることがあって…
月曜日あたりは循環器内科へ行ってみようと思っています。
ドキドキするたびに不安が広がります。
その不安はさらにドキドキにつながっていくのかな。

ちび雄が巣立つまであと7年。
高校卒業して、大学行くまで元気に仕事させてほしい。
神様、天国のお父ちゃん、どうか力を貸してください。
なんでもありませんように。

ページの先頭へ

2017年11月22日

こころないひとこと


寝ている時に脈拍が増えてしまうのと血圧が異常に高値になるという発作を起こします。
一種のパニック発作なんだろうか。
でも、パニックなら何か誘発原因があるはずなのだけども、誘発原因は、ちび雄にイライラとするくらい。
でも、寝ていて自分の心拍や息切れで起きる、その後どうしようか、病院へ電話して受診するか、でも胸が圧迫されるものの、痛くもないし脂汗もないし、背中が痛む事もない。
冷静に、冷静に判断するのだよ、と水を飲んだり、牛乳飲んだりして1-2時間ほどすると落ち着いてくる。
ああ、またこの発作か・・・
この発作は、この数年良く起こる。
昨日の発作は特にひどかった。
血圧200/110、脈拍105
これは、人生初の記録であった。
もう数年起きている発作なので・・・
腎臓の主治医に相談 → 降圧剤飲んで様子見てください。ちなみに、あまりに酷くて、辛いので主治医がいないときにも緊急で受診したことがあるが、「血圧は降圧剤だし、他の痛みなら痛みどめだし、そういうので様子みられませんか、私は主治医ではないのでお薬は出せません」と担当医以外の先生にいわれたこともある(この医師には医者としては最悪だなと思った)
甲状腺の主治医 → 甲状腺腫瘍とはあまり関係ないようにも思うけど、必要なら検査してみようか、でも何も出ないと思うよ
子宮筋腫の主治医 →更年期なのかなぁ、漢方飲んでみる?

つまりは、今受診しているどの科でも、相手にされないし親身になって頂けないのでR。
おそらくはメンタル系のこまったちゃん、かまってちゃんくらいの扱いであろうね。
でもね、200/110、脈105とか、あんたなってみなさいよ
「このくらいがたまにあっても死なないから」
なんて医師としてどうなんすか?って言いたくなるから。

で、薬局でまた
「ドキドキしちゃうのですか」
そうです、昨日なんかBP200/110、脈は105なんてのもありましたよ
「あら! それじゃ、翌朝目が覚めないなんてことが起きたら大変! お薬ちゃんとのんでくださいね」
って、大馬鹿な声かけする薬剤師殿。
おそらく、医師だって、薬剤師だって悪意はないんだよ。
仕事に徹しているだけ。
でもさ、症状が辛くて受診して薬に頼っているという患者の気持ち、わかりませんか?
寝ていて動悸で目が覚めて死ぬんじゃないかって思う怖さ想像もつきませんか。
医師に幻滅しているところに、翌朝目が覚めないと大変なんて追い打ちがあろうとは・・・(だから、受診して処方箋でているんでしょうが)
ちょっと、明るい兆しがない今日です。
なんだかなぁ…

ページの先頭へ

2017年11月08日

こわいなぁ

ぎっくり腰で腰痛いです。
が、だんだんと左の腰とか、左足の付け根とか痛みが分散してきました。
ふと、日ごろ見ないようにしている、ふっとい脚とか、ふっといお腹とかみてみたんです。
するってぇと、お腹が左側が右よりも大きいんです。
これ、婦人科系の何かまずいことがおこっているのでしょうかね?
子宮筋腫は持っているのですが、ぎっくり腰がなぜ?
と考えていたら、色々と不安になってしまって。。。
でも、今まで婦人科では、ちょっと不安になると受診していたので
今回も行くべきか、悩みます。
なんでもないならそれでいいともいえるのだけども。。。
なんだか、私問題児というか、ただのかまってちゃんだと思われていないかしらと。

たんに脂肪がついているだけか?

うーん
体調悪い時はいろいろと不安になってくるんだよね。

ページの先頭へ

2017年11月07日

ビーン!

昨日、人生初のぎっくり腰を体験しました。

お友達とランチの待ち合わせに急がねば!
と、立ったまま片足で靴下をはいた。
背中をまげて、左足を上げて・・・腸骨の上あたりの筋肉がビーンと痛いっ!
なにこれ!?
背中がはった?

しばし硬直するが、急がねばならないので、急いでお店へ。
しかし、痛い。
単なる張りであれば、治ってもよいはず。。
が、痛さはどんどん移動して、股関節まで到達。

あかん!
ぎっくり腰ってやつやろか?
病院へ行くと
「ああ、ぎっくり腰かな。でも股関節まで痛いとなるとヘルニアも・・・一週間、痛みが引かないなら精密検査です」
ということでした。

痛みどめ、ブロック注射までして頂く。
そして本日、起床時に何も考えずいつもの調子で起き上がると
自分の悲鳴に驚くわってくらい痛くていたくて。
ぎっくり腰なめんなよって感じであった。

もちろん本日もリハビリに行きました。
こんなんまで味わうことがあるとは、人生とはなん遠く深い。。。
日ごろ、生きている事がありがたく思いますね。

この後、もう病気を経験していくしかないのかしら。。。
健康で快活にってくらせないのかしら
そんな弱気の本日です。

明日もリハビリ行きます。

ページの先頭へ