ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2018年08月29日

こわいこと。

「マンションの駐輪場にマスクかぶって長袖きたこわいおじさんがいる」
と、電話してきた、ちび雄。
いま、降りていくからと電話を切って降りていく私だが、私まるごしやんか!
これ、なんかあっても防御にならん
と、家にいったん戻る、とりあえずナイフ? 
いや、かえって危ないか?
んんでは、ととりあえず傘と携帯を110と押しておいて
おそるおそる下に。
エレベーターの扉が開いたら、レゲエのおっさん1人いた。
あ、これか・・・
こういう時は声で威嚇だ
じっと目を見て、腹から声出してご挨拶
「こんばんは」
相当、すごみがあったと思う、私。
そしたら相手も「こ、こんばんは(おどおど)」
私と入れ違いでエレベーター乗ってどっか行った。
んで、ちび雄はびくびく物陰から出てきたってわけ。
今回、こういう事でよかったけども、でもね、何があるかわからない時代だからね
怖いよね、怖い。
今になって怖い。
が、こういう時は私ががんばるしかないわけよ、がんばるしかね。
鍛えられるわ、ほんとに。
が、しかし、今後、ちび雄をどう指導したらいいのか。
下手に近寄るのも危険だし、びくびくも問題だし、
はて、はて。。。どうすべきか。

ページの先頭へ

2018年08月28日

ザワザワするとき

気持ちがザワザワとします。
でも、まぁ、ザワザワとしていても、仕方ないからあまりマイナーなことは考えないようにしようと思うわけで。。。

大学の費用ってすごいですね。
私立って特にすごいです。
こ、こんなにかかるのかってすごくザワザワと。

ああ・・・
浪人無理ね、できたらというか、ほぼ公立でお願いね
ああ・・・
それって、それって、無理ではないかなって。

今、ザワザワ中。
はて、はて、奨学金と言うのはどうやったらどこまでサポートあるんですかね。。
あああ・・・

ページの先頭へ

2018年08月27日

お願いをしてみた

ちび雄に、やっぱり大学は公立行ってくれる? 
と言ったら『おおぉ、いいよ』と速攻返事が戻ってきた。
これ、わかってないでつよね。
公立がどれだけ大変か、わかってないでつよね、わかってない。

だが、そのままいってくれたらよい良い。
がんばれ、公立を。

んで、私は老体に鞭打って働かねば。
私立ってすんごいお金かかるんだね。。
あーぁ・・・(*´Д`*)

ページの先頭へ

2018年08月25日

セルロース

とろけるチーズを買おうと思って、何気なくチーズ売り場を物色。
『セルロースがはいっていないチーズ』
とな。
余計なもの、入っていないのが一番だ。
ちょっと割高だけど、それを選ぶ。

チーズになぜセルロースを添加するのか?
とろける、とか、シュレットチーズが固まらないようにとか、そういう理由なんだろうけど
そんなの無問題。
なぜ、いらんことする?
固まっていいんだよ、それが自然。
なぜそんなことするんだろうな、余計なものをつけてしまうって。。。

セルロースは食物繊維だから、そんなに問題ないだろうけどね
アイスに入れたり豆腐とか、いろいろ入っているんだけどね
いらんことすなっ!

でもって、そういうの見逃していたら、どんどんそういうの増えちゃうからさ
買う方ももっとお勉強が必要なんじゃないかな。
と、そんなことを思った次第。

ページの先頭へ

2018年08月23日

子供は人質

ちび雄がある先生から、いやがらせとも思えるような扱いを受けている。
でもね、こちらも下手に動けないんだよね、子供は人質だから。
困った、困った。
話を聞いて、そうかって思っちゃう。

先生側の話も聞いてみたい気がする、が、下手に動けない、人質だから。

ページの先頭へ

2018年08月23日

にゃんこ先生

子供の夏休みもあとわずか。
当然のように宿題は終わっておりませんのよ。

レミーさん、なんとかしてくださる?
とお願いしたのが、きいたのか、レミーさま監視業務でございます。
苦手な作文も「大丈夫、書き出すと早い!」というちび雄ですが、半分終わったところで部活へ。
さて、帰宅してからも監視お願いしますね、レミーさま。
尻尾でペシペシ むちうってくださいませ (*^^*)

ページの先頭へ

2018年08月17日

日々反省

昨日、ちび雄と話をしていたのだけど…
お友達の中に、(私から見て)あちらとこちらで違うことを言っている子がいて、約束していても反故にされることが多いなと思う子がいます。昨日も、遊ぶ約束をしておきながら、結局来なかった、と聞きました。
もうおこちゃまではないので、放置とも思ったのですが…
どうも、その子はつきあうことに覚悟が必要な方のようだと、つい言ってしまいましたら
「覚悟?」
と、ちび雄が聞き返してきて・・・
おそらくは、そのように生きてきているし、生きていくから、例えば、ちび雄に誰かの悪口を言っていても、違う子にはちび雄の悪口を言っているかもしれない、それでも、自分は傷つかず、その子と友達でいられるか、とそういう覚悟。
と、私。
「ああぁ・・・でも、俺しかしらない秘密を知ってる」
残念だが、それも果たして俺しか知らないとは限らないよ
「つきあうなってこと?」
いや、私の理想を述べてしまえば『それでも、オレは〇が好きで付き合っていける』という覚悟だ、黒いものも白くするようなそういう強さだけど、そこはなかなか難しい、よほど強くないと。だから、それが難しいなら『そういう子である』という覚悟をもって接する、ということになるのかな、いやでも、できれば、それでもオレは傷つかずにつきあっていけるという覚悟を一番は持ってほしいけど・・・
「ああ・・・なんかわかる・・・」
あら、わかるのか・・・
でも、きっとわかってないだろうなと思ったけど、でも、基本こういう話を子供にする必要なんかなかったんじゃ?
今日になって後悔しているわけです。

で、もって、自分が思ってもいないところで自分のことを考えてくれるという子をもっと大事にしてはどうか、とも言ってしまった。
「どういうこと?」
例えば、旅行に行ってお土産を買ってきてくれたりするって、会ってないときでも思い出してくれているということでしょ、物がということではなくて、会っていなくても思い出してくれるということはとても考えてくれているよね
「ああ、確かに。オレ、誰かにお土産買っていこうとか、実は思ったことない」
物が、というよりも、考えてくれたという気持ちがうれしいでしょ
「ああ、ものと気持ちと両方かな」
まぁね、でも、あんたはまだないけども、会っていなくてもふと顔がうかんだり、何かをしてあげたいとか、どうしているかなとか、そういう気持ちがうかぶ相手、思ってくれるあいてはとても大事にした方がいい
「ああ、なんか、わかる」
期待しては裏切られる、そのうち何も誰にも期待しなくなる、となるよりも、どこでも、誰にでも優しくできる強さを求めたいという・・・
今考えると、私のエゴだなぁとも。
反省。
子供が大人になるって、ほんとにいろいろあるなぁ
しかも、父親いないって、男子にはでかいかな。
私の父なら、きっとこんな話はしない。
反省。

ページの先頭へ

2018年08月15日

お盆と言えば

お盆ですね。

お墓も遠いし、泊る所もないのでうちはおうちから失礼して手を合わせます。
ご先祖様には感謝です。

普通に仕事をしまして、テレビをつけますとね、やっていました!
冝保愛子さん。。。
この方、相当怖い。
何度この方に怖がらせて頂いたことか。

そして本日も、こわごわでございます。

平成最強心霊住宅とか、超怖い。

後ろの百太郎とか、恐怖新聞とか、新倉いわおとか・・・
おお、こわい!

で、これこそ、夏のだいご味だなって思ったりしております。

そうれもこれも、私には霊感がないので、そういうことなのでしょうね。
霊感が強かったらこんなのみて居られない。

ページの先頭へ

2018年08月02日

暑さってやつは

ちび雄の先輩達がインハイに出るので、8/4から6日まで不在。
ほっほっほ
うれしいったらありゃしない。

今朝もいい加減なことをするので、怒ったばかり。
夏休みはストレスがたまる、暑いので仕事も滞りがち。

はぁ・・・
がんばらないといけないってのに、暑さってやつはどんな気力もそいでしまう。
ああ・・
予想をうらぎって8月はあまり暑くならないで例年通りでお願いしたい。
これでは、冷房費用がとても心配。
でも、こんなことで死にたくもないから、冷房つかうけどね。

なんだか、地球がおかしい。

ページの先頭へ

2018年08月01日

アプリでなんでもの時代

あ、アレ買っておこうって思ったらネットの川で仕入れる。
きょうび何でもネットで揃う。

で、お見合いアプリなるものを試しているのだが、なかなか思うような素敵な人とは巡り合わない。
私も話題のない人間で、面白みもなけりゃ、女性らしくかわいいなんてところもない。
話題と言えば、ちび雄の話くらい。

お見合いアプリで、メッセージ交換をしているときも、子供の話ばかりになってしまう。
すると「子供の話ばかりっておかしくないですか」と言われる。
あ、申し訳ありません、とお返しするが返信がなくなる、そんなことが数回繰り返されている。
いい加減私もやめればいいのに、話題がないのである。

子供のことか、仕事のことしかないんである。
これは、非常にやばいんでないか?
非常に面白くもなんともない人間なんではないか、と自分自身を危ぶむのであります。

でも、テレビや時事ってのも情報入手も時間なく、寝たいし仕事はしなくては生きていけないしそれこそ養っていけないのであります。

つまり、導かれた答えは、アプリがあっても私は結局何も手にしないのではないか、という結論なのであります。
ああ・・・嗚呼・・・

ページの先頭へ