ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2019年09月25日

眼球はうらぎらない

朝起きたら、眼球が流血していた。
結膜化出血というやつ、
一応、眼科に行きましたが、今回の事は問題がないようでした。
ただし、緑内障の検査を念のためにとうけるはめになり、ちょっと右目は怪しいらしいけども、一年に一度みていくということで、特に問題なし。

「見た目40代にみえるけども、眼球は正直に歳とるから」
と、眼科医に言われました。
これ、喜んでいいのか、嘆くべきか気持ちの落としどころがわからない。
まぁ、誉め言葉として頂きましょうかね。

50過ぎたら、一年に一回は眼科検診受けた方が良いらしいです。
人間ドック行く人は検査しているんだろうけれども、皆さんも一年に一度は眼科検診行った方がいいですよ。
緑内障は進行を抑えられますから。

ページの先頭へ

2019年09月24日

天国行ってね

駐車場に向かう道で、スズメさんが転がっておりました。
舗装道路の上に、亡骸でございます。
風に羽毛が乱され、しろい中綿部分の羽毛も見えかくれします。
台風の後ですからね、きっと全力で生き抜いたんだろうね、と考えますとうるっと。
しかし、アスファルトの上です。午後13時過ぎでございます。
まだまだ人々は行きかい、そのうち踏みつぶされてしまうやもしれず、私はどうしたものかと悩みました。
うちはマンションです、埋めてあげたいけど庭がありません。
が、このまま すずめさんを放置したら、一生気になって仕方ない。
ので、帰りに出そうと思っていた、牛乳パックをつかって、くさっぱらへ異動作戦です。
牛乳パックに乗せるのに、なかなか乗らなくてあたふたしましたが、ころっとのせてくさっぱらへ。
できるだけ、草の生い茂った根本へ、ころっと。
ほんとは埋めてあげたいけど、ごめんねって、なむなむ。

駐車場に向かう道なので、毎日なむなむやっています。
ちゃんと、天国行けたらいいな。行けるよね、きっと全力で生きていた子だもんね。

思うに、全力で生きないのって、人間位ですかね。

ページの先頭へ

2019年09月17日

偽善です

知人が「知り合いの子が不登校になった、親の問題だと思う」なんて話をしてくる。
なぜ、いじめられちゃったのか、その子に発達障害はないのか、気になりながらも、
ほうほうと話を聞いていた。
そのご両親が悪い、と知人は話始まる。
いやいや、それ、誰も悪くないですよ。
子どもに発達障害あれば、親は結構お手上げ状態があるから、とついに詳しく話を聞こうかって
聞き出したら、まったく欲しい情報が無かった。
でも、その人は
「今度、親と子にあって話してくる」
って?
悪いけども、あなたが言って何を話し、何を伝えてくると言うのか?
せめて、児相と相談するように、専門家と相談するように位しか、私は言えない
あと、親を責めるようなことはしないでねとだけ。

会ってきてからの報告が
「ダイヤも磨かなきゃ光らないよね、あれじゃもったいない」
って、一体何しに行ったわけ? そんなのわかってたことでは?

その後もやり取りは続いて、その子が不登校になり何かで受診した際に
「医師から知能の高い人と合わせてはどうか、お子さんは知能が高い、学校の子達とは合わない」
と言われたそうですって報告。

なんだそれ (-_-;)

で、色々とつきつめて聞いてみると
「私もそこまでわからない、他人の家の事だから詳しく知らない」
って、おいおい、それってさぁ・・・

私、ちび雄が発達障害グレーだっただけに、色々熱くなってしまう、から良い事も言えないが
毒は皿までくいつくしてあげて、途中で手を離すなら、関わらない方が良いと思う、と私。

結局そうだ、そういう人がやることは大抵そうだ。
最後まで関わってくれるのは、それを職業としている人だ。
いやいやであろうと、なんだろうと、付き合ってくれる。

なんかね、そういうのが、私はほんとにがっかりするんだ。
ちらーっとのぞいて、かきまわしてみて、よくわかんないって投げる人、それが一番嫌い。

ページの先頭へ

2019年09月06日

これで良いの?

どうして、テレビでは、京急側が悪い風な誘導をしていくんだろう?
おぐらさんのニュースに出ている、『専門家』は他局の『専門家』よりも知識が浅いと感じた。

このところ、こういう情報番組で主観を入れていくアナウンサーとか、古い専門家とかの『思い込み』情報伝達。
まぁ、エンタメだからいいのか。

ニュースは私情を挟んで伝えちゃだめ。
でもって、もうちょっとマシな専門家呼んでくだされ。
京急がいかにして、速度やら安全やらを目指していたのか、そこがとりあげられないと気の毒で。
これはこのトラックが大顰蹙、大迷惑な話。

横浜の民は、京急は大好きな人多いと思う。
かくいう私も利用頻度は少ないけど、京急が大好きです。
今回、京急だからこの程度で済んだ工夫がいっぱいあったはず。
そういうの、もっと報道してほしい。
私は、生きている若い運転手さんが気の毒で気の毒で。

と、他局をみていたら、児童虐待のはなしをとりあげていて
児童虐待の母をせめている、『専門家』の女性がニコニコと「母親が守らなかったら誰が・・」なんて話をしていて、違和感。
そこ、笑顔ではなすところ?

『専門家』ってなに?
マスコミの役割ってなに? 
朝から???な、眠い、眠い、眠い朝です。

ページの先頭へ

2019年09月05日

気の毒でならない

こういうことを書いていいものか、あれですけれど。。。

京急の事故ですが、京急の運転手さん28歳ですって。
この運転手さん、このあとどうやって生きていくのでしょう・・・
こんな経験しなくていいはずだったのに、気の毒でならないです。
トラックさえ侵入しなければ・・・
これ、トラックがいけないですよ

この子はこれから先、死ぬまで抱えていかなきゃいけない重荷を考えたら
まったく無縁の私ですら胸が押しつぶされる。

ページの先頭へ

2019年09月05日

私には出来ない事、尊敬

URL ]

香港で何が起きていたのか、今朝じっくりとニュースを観て知りました。
まさにジャンヌダルクがいるんですね。
この世代の人が動いている事に、感動すらしてしまいました。
SNSがあるからできたかもしれず、そしてまたいつの世もモラトリアム世代は、葛藤まみれのエネルギーを発散する場を求めているものなのかなとも思ったり。
それでも、現実に行動できない人間が大半だと思うので、実際の法の撤廃まで持って行った手腕は大変なもの。
けれども、なぜだろう? 
この方がテレビで語る姿をみて、「王様をほしがったカエル」だったかな、童話を思い出した。
この方である必然があったかもしれない、本当にジャンヌダルクなのかもしれない。
でも、プロパガンダかもしれない・・・とも?

これからが、この方の資質が問われていく、ということになっていくのでしょうね。
政治を動かしていけるのか、時折垣間見えてしまった危うさがダークサイドへとひっぱられてしまうのか。
まだまだ、色々なことを経験してから政界へ進出してほしいと思います。

この方がダークサイドに落ちないよう、香港も彼女を育てるべき、甘やかしちゃダメ。
日本でこんな子は出ないだろうね。
もっと日本も気骨のある、骨のある若者でゴツゴツしてほしい気がします。
学生のみ消費税5%有効とか、日本の若者も立ち上がってみてはどうだろう?

ページの先頭へ

2019年09月03日

9月。

ホントに早いですね、もう九月。

やっとちび雄の学校も始まって、あと三か月も学校行ったら三年生はもう登校がぐっと減ります。
大学受験に向けて、まっしぐら。
がんばれよ、がんばれ!
という気もちを抑え気味にしかし、かなり露出している模様でして
「うざっ」
と、言われております。

大半が大学進学の道を選ぶ昨今。
来年から受験システムが大幅に変わるため、浪人はしにくい今年の受験組。
さて、ここからラストスパートかけられますか?
いえ、かけてくださいね、試験に向けて。

そして、私もがんばってお金を稼ぎましょうか、そんな、そんな九月のはじめ。
お仕事プラスアルファーを求めて彷徨ってみますかと思案中。

ページの先頭へ